派手な○○はとてもムリよ…

 

From:Ibuki

こんにちは、スタッフのIbuki です。

今回は英語というよりは海外の文化の面でのお話しをさせていただきます。

派手な水着はとてもムリよ ♪
若い子には負けるわ ♪

なんて歌が昔ありましたが、今日のテーマは「水着」。さらにいうと「ビキニ」についてのお話です。

今日本は冬なのに?という感じですが、私が数年滞在していたオーストラリアは今が夏まっさかりですのでそちらの季節のお話という事で勝手に進めさせていただきます(笑)

皆さんの中には、水泳が趣味、あるいは夏に海に行くのが大好きという方もいると思います。私もその中の一人です。そしてそこでの服装。水着のお話しですが・・・あなたの周りでは、どんな水着を着ている人が多いでしょうか?ちなみに女性のお話です。

日本では年齢層によってばっちり嗜好が分かれているような気がします。例えば、若い女性はビキニなどセパレイト型の水着を着ている方が多く、年齢が上がるにつれて肌を隠す系の水着を着ていくようになります。ちなみに、市民プールなどの競泳プールでは若い女性でもあまり「ビキニ」を着ている方は少なく、競泳用の上から下まですっぽり隠すタイプが多いですね。

それが、オーストラリアに来ると…。

それはまあ、色とりどりの水着、それも「ビキニ」を着て楽しそうに皆泳いでいましたね。ピンクや赤やら…。海でもプールでも、水があって泳げる場所ならどこでもです。

ええと、年齢層ですが…。これもまた色とりどりと言いますか…。あちらでは若いから「ビキニ」、年齢が上だから「ワンピース等の隠す系の水着」というのはないのです!まさに、冒頭の歌のような、日本である感覚と言うのがないのですね…。

どんな年齢の方でも、好きな水着を好きなように着ます。私がお会いした中で多かったのは70代か80代くらいの(大きな)おばあちゃん達のピンク系の「ビキニ」です。皆さんとても元気があって生き生きしています。

水着だけに限らず、普段の服装も着たいものを着たいように着ている方が多いような気がします。だから、真夏はキャミソールドレスのおばあちゃん達をあちこちでお見かけしました。

日本でも、ある程度は、みんな回りに流されずに着たいものを着れたらいいのになと思います。かと言って、個人的には自分から率先して、ピンクのビキニを着るおばあちゃんには到底なれませんが…。 「派手な水着はとてもムリよ 若い子には負けるわ」 日本女性の心を突いた、名曲だとあらためて思いました。

Ibuki

☆もう、期間限定のこの無料ビデオをご覧になりましたか?あなたの「型」を変えるだけで英語は大成功するのです・・・

 

スタッフIbuki
電子部品関係の専門英語翻訳者で、過去にはTOEIC400点でオーストラリアに移住してそのままMBAを取得した、子育てと英語活動を両立させるスーパー英語主婦。論文関係では、オーストラリアの大学でもA(優)を何度も取得してきた。政治家秘書の経験もあり、専門知識の幅広さに定評がある。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA