knowとknow ofとknow about、一体どう違うの?

 

From:鈴江浩之

いつも使いのこの英単語「know」!

「わたし知ってる」と言うと、現地の人がびっくりした顔をする時がある。

その何故を解明する!

まずは、以下の3つの例文をご覧いただきたい。

1.I know Mariah Carey.

2.I know of Mariah Carey.

3.I know about Mariah Carey.

=================================

1.I know Mariah Carey.!

よくご存じで普段使いのこの文。実は、とんでもない意味になる。

和訳:「おれマライア・キャリー知っているよ」

だれでも知っているので、知っていて当然なのだ。しかし、勿論そんなつもりで言っていないのだが、次のような意味になる。

彼女と知り合いで、個人的に何度が会ったことがあるよ、となる。

もしあなたが、有名人と個人的に友達で自慢したいのなら、これを使えば一躍人気者になれること間違いない。笑!

追加情報:
人の場合に単に know だけ使うと、個人的な知り合いと言う意味なる。
モノの場合には同様に、それを詳しく知っていて、なんでもよくできる、と言う意味になる。

 

2.I know of Mariah Carey.!

では、know of を使ってみよう。どんな意味になるかというと、

和訳:「おれマライア・キャリーならちょこっと知っている」

そう、これなら個人的にどうのこうのと相手をびっくりさせることはない。断片的に、部分的に知っているという意味となるからだ。

of をイメージしていくと、全体をちぎった感じがしないだろうか。それで部分的なと言う感じがつかめるだろう。

追加情報:
この know of のニュアンスで、同様な言い方が出来る言い回しがある。それは、hear of だ。これは会話でも頻出の言い回しである。

例文:
Have you ever heard of the guy named “XX”?
XXって言う名前のヤツ知っているかい?(聞いたことあるかい?)

I’ve never heard of it.
それ聞いたことがないな。(知らないな)

 

3.I know about Mariah Carey.!

和訳:「わたしマライア・キャリーのことよく知っているよ」

となる。
具体的な知識があって幅広く理解していることを言いたい時には、これだ。

about は by プラス out と考えるとわかり易い。つまりそばのと言う意味になる by と外側全体の out の両方があるわけだ。
人の場合には、家族とか生い立ちとかを知っている。
モノの場合には、具体的な知識があるになるわけだ。

追加情報:

be familiar withhave a good knowledge of も使える。~によく精通している、と言う意味になる。

例文:

He is familiar with medical term.
He has a good knowledge of medical term.
彼は医学用語を良く知っている。

鈴江浩之

☆史上最強のTOEICスコアアップ塾、発見。

 

鈴江浩之
英語アドバイザー。英語家庭教師、通訳者、翻訳者、英語個別指導講師。サンフランシスコ州立大学卒。海外経験でつちかった実務上の英語運用力と、個別指導経験に基づく英文法等知識面の深い造詣の両方を併せ持つ英語指導者。「役に立つ(英語の)情報」主宰。

 


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA