リスニング徹底改革術。TOEICリスニングにも効く方法とは?

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

From:鈴江浩之

英語が聞き取れない原因はここ!

英語の音と日本語の音は大きく異なっている。

日本語はとても規則正しく刻まれた音として聴こえ、コンスタントで抑揚のほとんどないリズムを刻んでいる。かたや、英語はというと、音程差もあり強弱に加えて長短も出てくる、と言う始末である。

TOEICのテストでリスニングが苦手でよく聴き取れない、面と向かってゆっくり話しかけられているのにわからない、という悩みを持つ方々が多いことと思う。

そこで、この厄介なリスニングの悩みを解決してくれる”クスリ”をご紹介する。さらに本日は、日常会話で突然質問されてもしっかり返答できるコツや日々のトレーニング方法など毎日実践できる方法を解説する。

 

1.原因は発音が変化すること!

まずは、この単語を発音してみて欲しい。

hit it off
ひとつひとつ敢えて発音してみよう。それは「ヒット」「イット」「オフ」である。先生にもよるがそれでも「ヒットゥ」「イットゥ」「オフ」であろう。

では実際に1語づつ発音を書いてみよう、と言いいたいのだが、日本語では「音程と強弱に加えて長短」を表す記号がないので非常に難しいとしか言いようがない。

無理をして説明するとなれば、強く息を出して、軽く飛ぶ感じで着地のトは、でなくトゥに近く、そして弱く言うようにする。と言うことになるだろうか。

この3語は実は熟語で「仲良くなる」と言う意味のフレーズになる。実際の発音は「ヒリロ」。最後のオフのフは小さく発音する。

 

2.日本で習った英語の発音!

まるでオーケストラの指揮者が、指揮棒を大げさに振っているかのようにしかたとえようがない。しかし、実はこれは単語が熟語、そして文になれば相応に音がどんどん変化していることに過ぎないのだ。

音楽が聴きたくて、面白半分でチャンネルを選択したが、その放送を楽しむどころか強い衝撃を受けるだけに終わってしまったことを思い出す。言葉のつなぎ目もわからなければ、わかるであろう単語も聞き取ることが出来なかったからだ。

塾で生徒から同様な悩みの質問を受けることを考えると、いまだにこの「音の悩み」が英語学習者に付きまとっていると思うととても残念でならない。

音程差もあり強弱に加えて長短もくる、変化の多い言語の英語。この変化が「リスニングが苦手」「聴き取れない」原因なのだ。

 

3.音が変化する原因とその処方箋!

ここに発音が変化する原因とその処方箋をご説明する。(以下に掲載した書籍より抜粋)

音が変化する8つの原因は以下の通りである。

1.短縮されて音が変化する。
2.連結されて音が変化する。
3.脱落して音が変化する。
4.同化して音が変化する。
5.弱くなって音が変化する。
6.変形して音が変化する。
7.数字の読み方で音が変化する。
8.カタカナ英語と異なる音がある。

2.連結されて音が変化する。(以下に掲載した書籍より抜粋)

単語の1つひとつを別々に聴きとろうとするから、混乱するのです。聴き方にもコツがあります。ナチュラルスピードで話される英語が聴き取りにくいのは、話すスピードが速くなって、前と後ろの単語の音がくっついて聞こえ、2つの語間の「間」がなくなってしまうからなのです。この「つながる音」のワクチンは4種類です。

ワクチン1:

[k][p][t][s][d][l][g][v][z]などの子音と母音がつながる
keep in touch (キーン・・・)tell us (テス)fill out (フィラウトゥ)check out (チェッカウトゥ)good idea (グッダイディア)

2つの単語がつながって聞こえるのは、think of のように、前の単語の最後の音[k]の子音と、あとの単語の最初の母音がつながって発音されるからです。「ティンク・オブ」と2つに分かれずに、think の k と of の o がつながって「ティンコヴ」となります。・・・・

是非こちらの本に目を通してみて欲しい。

そして、付属のCDで何度も何度も聞き取れるようになるまで聞き続けてみて欲しい。さらに、発話して同じ発音になるまでトレーニングを継続すればしっかり上達するに違いない。

発音に大きな違いあることがわかり、その原因も理解できた。その上その悩みを解決してくれる処方箋も手に入れることが出来た。しかし、これで終了ではない。次にしなければならないことが待っている。

 

4.自分の頭に音声データを保存する!

しっかり違いは理解できた。CDの内容も聞き取れるようになったので自信もだいぶついてきた。でもなかなか実際には上手くいかないことがあった。

まず、はっきり申し上げよう。じっくり積み重ねて継続して欲しい。続けて学習しているあなたは、間違いなく進歩しているのである。それは疑う余地はない。「やった~!」と歓喜する回数は徐々にふえてくる。

その間に、さらなるトレーニングを積む必要がある。それは、いつでも自分で活用できる、とっさのときにも自分の頭から出し入れできる日常の文型を蓄積しておくことである。

頭に英語とその音声データが存在することで、相手の音を聴いたときに、その音に瞬時に反応することで出来るのである。これは驚くほどの瞬発力である、と申し上げておこう。

1つ例をあげよう。あなたは現地に着いたばかりの留学生である。朝の挨拶に翻弄されて、何を言われてもわからない、だから返答できない。そんな日が2~3日続いたが、言い回しと使い方、返答の仕方のパターンをつかんできた。4日目にはちゃんと聞き取ることが出来、さらに返事を返しているのである。

音声データが記憶され、使い方を体験し、瞬時に反応し答えているのである。

これは多くの人の体験談である。そして私自身の体験実話でもある。是非感覚を味わって欲しい。事前に学びデータを多く蓄積すればするほど、対応力が上がっていくのである。これが語学学習の醍醐味である。

 

5.英会話の基本文型87!

さあ、ここにそんな準備に役に立つ書籍をご紹介する。

少し内容を確認いただこう。

156ページの「Would you like + 名詞?」と見ていただきたい。

見ればなんて事のない多くの方にとって難しい英語ではない。にもかかわらずリスニングで聞き取りとなると厄介なものである。こんな基本文型を丁寧に87種類も記載してくれている。

そして、この87文型にそれぞれ約10ほどの例文がついているので、付属のCDで何度も何度も聴き、自分でも何度も何度も発音することが出来る。さらに右のページには、使用上の注意が丁寧にわかりやすく解説されている。

「ポイント」というタイトルの中で、どのような条件でどんな使われ方をするのか説明がついているのだ。さらに、ここが重要なのだが、別の表現との類似点や注意点をしっかり添えてある。なので読み込んでいて、これ何か似てるな、と気が付き、ページをめくり返さなくても確認出来ると言うわけだ。

また、最後に「語句と表現」と題してよく使われる単語・熟語などが追加されているという具合です。

使い方はいろいろだ。1から暗記するために、読み返して復習するために、忘れたもを覚え直すために、抜けはないか確認するためにも、是非押さえて欲しい一冊である。

 

6.リスニングにはハードトレーニングが効く!

日本語でも、聴きき取りやすい人や聴き取りにくい人が存在する。当然のことながら英語でも同じことが起こる。
こんな声をよく聞くことがある。

・語学学校の英語の先生の英語は聴き取れるようになったのに、他の人の英語は聴き取れない。
・ルームメイトの英語は分るのに、それ以外の大学生の英語は聴き取れない。
・買い物や銀行、店での英語がなかなか聴き取れない。
・ホームコメディではなんとか聴き取れるのに、他の番組やニュースは聴き取れない。

★語学学校の先生もルームメイトもゆっくり喋ってくれているだけ、他の人はあなたのことをいちいち気に掛けていない。
★人の発音は十人十色で癖があるので、聞き取り易いものもあれば聞き取りにくい発音する人もいる。
★社会ではあなたを外国人だと思っていないので、あなたの英語スピードにあわせて話してはくれない。
★テーマや内容で使われる単語や熟語、フレーズやコロケーションが異なる。学習者が一気に理解できることを期待しない。

よく言えば「普通」に扱ってくれていると理解するべきである。

 

リスニングを伸ばす一番良い方法!

では、どうすれば聴き取れるようになれるか?ご紹介した上記のトレーニングに加えて:

☆自分のレベルよりかなり高い教材などをひたすら聴きつづけることしかないのだ。
☆自分のわかるレベルものをいくら長い間続けていても、それ以上のレベルのものは聴きれるようにはならない。
☆問答無用のスピードで英語を母国語とする方の早い英語を聴くことである。

もし貴方が語学学校に通っているのであれば、ご自身のレベルよりはるか上を自宅や通勤途中で聴き続けて欲しい。そしてまた自分のクラスでしっかりリスニングを継続する。ある時点で(人にも寄りますが)「おっ!聴き取れる」と言う感覚が必ずやってくる。

 

具体的にしなければならないこと!

はっきり申し上げて、世間で騒がれている「聞き流すだけで聞き取れるようになる」は存在しない。そして聴いているだけでは理解することも出来ない。したがって、以下のような方法で実施してほしい。

1.1文を聴く。
2.聴き取れなかった単語を確認する。
3.確認した単語がわかっていれば、発音を確認する。
4.確認した単語がわからなけれは、調べて意味を覚え発音を確認する。
5.再度1文を聴く。聴き取れなければ聴き取れるまで発音を繰り返し聴く。
6.次の1文に進む。
7.繰り返し継続する。何度でも聴き直す。

聴き取れない単語は、当然だが意味がわかることはない。単語を知っていても発音を聴き取れなければ、自分の知っている単語であることすらわからない。したがって、発音が聴き取れるまで繰り返す。そして自分の発音をその音に近いもにしていくことが重要だ。

自分が発音できる単語や熟語そして文は、もちろん聴き取れることができる。自分の発音と聞いている発音を近づけることが大事である。

 

自分で発音できるものは聴き取れるという意味!

それはその音を脳が認識しているからである。思い出してみてほしい。簡単な、でも大きく異なる発音の挨拶を。

「ワッツァッ」プは聞こえないことが多い。これは皆さんよくご存知の What is up? ⇒ What’s up? である。

でも、自分の頭の中にあるその発音が「ワット・イズ・アップ」や「ワッツ・アップ」であればどうだろうか。相手がこの音のように発音してくれなければ、聴き取れないし単語もわからない、となる。したがって、聴き取れるまで音の修正をかけることが必要なのだ。

鈴江浩之

【無料DVDプレゼント】同じ30分間で、他人の20倍英語が読み書きできる「魔術」を公開中。

 

鈴江浩之
英語アドバイザー。英語家庭教師、通訳者、翻訳者、英語個別指導講師。サンフランシスコ州立大学卒。海外経験でつちかった実務上の英語運用力と、個別指導経験に基づく英文法等知識面の深い造詣の両方を併せ持つ英語指導者。「役に立つ(英語の)情報」主宰。

 
この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。



☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA