ベストセレクション。道案内の英語。

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

冒頭にもありますが、知らないときは、はっきり「知らない」ということも大切です。まごまごするのが一番よくないと知りましょう。あとはコツとしては、ゆっくり話すことです。特に英語圏のネイティブじゃない観光客さんなども多いですからね。

道案内の英会話、うまく説明できない場合に役立つフレーズとは?

外国人に道を聞かれた際、上手く答えられなかったら?
外国人に道を聞かれた際にスムーズに対応できればいいのだが、いつでも口頭で案内できるとは限らない。例えば、“尋ねられた場所を知らない”、“英語でうまく説明できない”というように、答えられないケースもあるだろう。

そこで今回は、そんなシーンで役立つフレーズを紹介していく。

■分からないことを伝える
尋ねられた場所を知らない場合、最も簡単なのは「自分も知らない」と答えること。相手の力になってあげられないのは申し訳ないが、分からないと伝えるのは悪いことではない。

<例文>
・I’m sorry. I don’t know that place.
すみません。その場所は知りません。

・I’m sorry. I don’t know this area well./I’m sorry. I’m not from around here.
すみません。この辺りのことはよく知りません。

■ほかの人に尋ねる、尋ねることを勧める
ただ「分からない」と答えるよりも、できればこんなフレーズを添えられると少しは相手の力になれるだろう。

<例文>
・I’ll ask someone else for you.
ほかの人に聞いてあげましょう。

・You could ask at the post office.
郵便局で聞いてみてはどうですか。

■地図を使って教える
相手が旅行者なら地図を持っている可能性が高い。もし持っていなければ、その場所への行き方を紙に描いてあげるとより親切だろう。

<例文>
・Do you have a map?
地図を持っていますか?

・Would you like me to draw you a map?
地図を描きましょうか?

・I’ll google it for you.
グーグルで調べてみますね。

また、土地勘のない旅行者に代わって地図を確認する場合に役立つフレーズは以下の通りだ。

<例文>
・We’re here.
今ここにいます。

・North is that way.
(指差しながら)北はあちらです。

・It takes about ten minutes./It’s about a ten-minute walk.
ここから大体10分ぐらいかかります。

ちなみに、具体的な目的地を示す場合は「○◯(※目的地) is here.」で通じる。
http://juken.oricon.co.jp/rank_english/news/2094150/

 

☆今日の帰り道に、もう見つかってしまう最高の英語学習法とは!?

 
この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA