includeとcontain「含む」の違いとは?

 
よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

From:朝香豊

英単語”contain と include”

contain と include はともに日本語訳では「含む」という意味ですね。

ところで、以下の文の空欄に適語を入れるとしたら、contain の方がいいでしょうか、それとも include の方がいいでしょうか。

Does this water (      ) toxic substances?
(この水は毒物を含みますか?)

contain という言葉を考える場合に頭に置いておきたいのは、contain は「コンテナ」に似ているなという点です。実際、「コンテナ」を英語の綴りで書くと container で、contain の派生語です。容器の中に収容しているイメージをとりあえず持って下さい。

これに対して include は in がつくことからわかる通り、中の一部となっていることをイメージする言葉です。

この基本イメージを頭に置いて、今の問題を考えてみましょう。

水は化学式で表すと、H20です。毒物はH20を構成する一部とは言えませんね。そうすると、水の一部として毒物を含むわけではありませんから、include を使うのはいけないということがわかります。

水は箱形をした容器ではありませんが、その中に毒物を収容しているというイメージは持てそうですね。そうすると、contain は使えそうだということになります。

というわけで、Does this water (contain) toxic substances? が正解ということになります。

では、include を用いた具体例としては、どんなものが挙げられるでしょうか。

It costs 105 yen including tax. (それは税込みで105円です)というのが典型例です。この including の代わりに containing を使うことはできないということはおわかりになりますか。

105円という金額を構成する一部が税金なのであって、105円という容器の中に税金が別物として入っているわけではないということです。

ところで、日本語で「含む」というと、「一部分だけ」というイメージがあるかと思いますが、contain を使う場合には全体を表しても構わないです。

イメージとしては、容器の中に収納するという感じですから、容器全体を満たしているということでもよいと考えると、納得できるのではないかと思います。

それで、This house contains seven rooms. (この家には7つの部屋がある)という使い方も可能です。

朝香豊

 

【本日公開終了】Facebook(フェイスブック)で、生きた英語を話す相手が見つかる方法とは?。

 

朝香豊
英単語研究家、学習塾大学受験IRL創設者。英語教育の水準をあげるべく、英単語を丸暗記するのではなく、言葉1つ1つにの奥にある論理とイメージを大切にする指導が人気を呼んでいる。「澄みわたる英語」主宰。

 
この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA