誰々さん、って英語でなんて言うの?

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

こういうちょっとした言い回しを英語でどういうのかっていうのは、なかなか機会がないと知ることがありませんよね。ですからこんな情報に接するときには大事に記憶に入れたいところです。

「ナントカさん」を英語にすると?

筆者が学生の頃は、親が「ほら、あれ!?なんだっけ、あれ、あれ!」と「あれ」を連発しているのをバカにして笑っていたのですが、すっかり自分もそんな年頃になってしまいました。とにかく人の名前が思い出せない。「あのドラマに出ていた、ナントカっていう女優」とか、「取引先で前に担当だったナントカさん」とか、ひどい「ナントカ病」です。誰かに本当になんとかしてほしい。

この「ナントカさん」というのを英語にすると、Mr. So-and-so〔男性〕とかMs. So-and-so〔女性〕と言うのですが、先週、研修中に「なんとか病」が発症して思わずMr. So-and-soを使ったら、その場にいた研修生たちに妙にウケてしまいました。と言っても笑われたわけではなく、すごくこの表現が気に入ったようなのです。語呂がよくて覚えやすいのだとか。

こんなふうに同じ単語を繰り返す表現は簡単に覚えられそうなので、ほかにも教えてほしいと言われました。今回は、そのときに紹介した表現をまとめてご紹介します。

体の一部を合わせる表現

この連載の一覧はこちら
まずサッと思いついたのが、体の一部を表す単語が繰り返される表現。たくさんありますが、どれも本当に覚えやすいと思います。

hand in hand 手を取り合って
face to face 面と向かって
back to back 背中合わせに

という表現などはぜひ覚えておくといいでしょう。

自分とほかの人の体の同じ部位同士がくっついたり、向かい合ったりしている様子を描写した表現ですよね。ほかにもarm in arm(腕を組んで)などもあります。例文で見るとさらにイメージが湧くかもしれません。
http://toyokeizai.net/articles/-/185632

 

【無料】安倍首相の通訳も務めたことがある人の提唱する英語マスター術を無料で公開中。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA