オナカの大きな王子様

西沢知樹:
神戸のオフィスから・・・

西沢写真

最近は、もうすぐ2歳になる息子にテレビの優先権が付与されていることが多く、NHKEテレの子供番組を一緒に見ることが結構あります。私自身の時代から続いている「おかあさんといっしょ」は言うまでもなく、20年ほど前から更に低年齢層に向けて作られている「いないいないばあっ」の2つを見ることが多いですが、もう1つよく目にするのがご存じ「みんなのうた」です。

1日に2回放送されているようで、時折昔の懐かしい歌を放送してくれたりもするので、自分が子供の頃に覚えていたり好きだった歌を思い出すことが増えました。その1つが「オナカの大きな王子様」です。今になって知ったのですが、あの小椋桂さんが作詞作曲されているのですね。

歌詞が描く情景は、こんなのです。どこかの国にいる(ふとっていて)おなかの大きな王子様。おなかのせいでお洋服のボタンも取れそうなくらい。いつも、魔法使いが持ってきた空飛ぶじゅうたんに乗ってみたいと願っている。でもそんなときに思います。こんなにふとっていておなかが大きかったら、空飛ぶじゅうたんは飛ばないかもしれない…

そう思って、「ごちそう」をガマンしようとした日のディナーが、ペルシャと中国のとってもめずらしいお料理でした。ちょっとだけなら食べようかな…そう思って、どんどんどんどん食べてしまう。そしてやっぱりおんなじままで、空飛ぶじゅうたんに乗りたいなあと空想している…

実際の歌詞もふんわりした感じで、メロディもそうなので、何かを訴えかけたり教えるような感じの歌ではありません。ただ、食べてばかりで重くなっていくのをそのままにしておいたら、空飛ぶじゅうたんには飛べないだろうな…ということを子供心に気づかせてくれるような歌でした。だからこそ、いまでもはっきり覚えているのだと思います。

連休のさなかに、あまりクソまじめな結論を書くのも気が引けますしそれはやめておきます。ただ、のんびりしながらも、気持ちのどこかで、私達自身、なにかに対してこの「オナカの大きな王子様」みたいなことをやっていないかなというようなことを、少しだけ思いを馳せてお休み後を過ごしてみたいものです。

西沢知樹

☆5日(祝)まで限定のプレゼント公開中。

英語に自信のないあなたが救われるDVDとは?


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA