後でいい、のネイティブらしい表現は?(洋画から学ぶ)

 

From:星沢希

□■2006年アメリカ映画「グッド・シェパード」■□
“The Good Shepherd”
Matt Damon, Angelina Jolie, Alec Baldwin, Robert De Niro
マット・デイモン、アンジェリーナ・ジョリー、アレック・ボールドウィン、
ロバート・デ・ニーロ、他出演より

エドワード(マット・デイモン)は腕利きの CIA エージェントです。ある日、敵側に情報が漏れた件で、エドワードは疑われ始めます。

そんなエドワードのもとへ、差出人不明の写真と録音テープが送られてきました。

一方、話はエドワードが若い頃に戻ります。エドワードは、耳が聞こえない女性ローラと親しくしていました。

しかしある日、出席したパーティーで出会った積極的な女性マーガレット(アンジェリーナ・ジョリー)と、エドワードは関係をもちます。

マーガレットが妊娠したことを知ったエドワードは、ローラに未練があったものの、マーガレットと結婚します。

結婚後すぐ、任務のため家をあけなければならなくなったエドワードの結婚生活はうまくいきませんでした。

エドワードにとっては、息子がかけがえのない存在でしたが・・・。
ロバート・デ・ニーロ監督・出演作品です。

 

バスの中。子供がエドワード(マット・デイモン)に話しかけます。

「1ドルを両替できますか?」

Do you have change for a dollar?

細かいお金、小銭 change
【例】10ドルを崩せますか?
Do you have change for 10 dollars?
==========================================

エドワードは、子供の頃の出来事を回想します。

「友達と鬼ごっこをして遊んでいた。」

034906

I was playing tag with a friend of mine.

鬼ごっこ tag
tag には他に「付け札」などの意味がありますね。
鬼ごっこをして遊ぶ、鬼ごっこをする play tag
==========================================

エドワードは、耳の聞こえない女性ローラとダンスをしています。

ローラ「どんな歌なの?」

 

How does the song go?

(曲が~というメロディーに)なっている go
==========================================

一人ですわっているエドワードに、マーガレット(アンジェリーナ・ジョリー)が話しかけてきました。

マーガレット「踊らないの、ウィルソンさん?」
エドワード「誰も誘わない。」
マーガレット「なら、私が誘ってみるわ。」

 

“Don’t you dance, Mr. Wilson?”
“Nobody asks me.”
“Well, I think I’ll take my chances.”

誰も~ない[単数扱い] nobody
(人を)招く、誘う ask

いちかばちか賭けてみる、思い切ってやってみる take my chances
==========================================

ジョンがやって来て、エドワードに言います。

ジョン「あちこち探し回ったぞ。」

 

I’ve been looking everywhere for you.

I’ve = I have
have been ~ing [現在完了進行形]
【例】私は午後の間ずっと本を読んでいます。
 I have been reading all afternoon.

~を探す look for ~
~を求めてあちこち探し回る look everywhere for ~
==========================================

仕事中のエドワードが言います。

「梅毒はどう綴る、L は1つ、2つ?」

 

How do you spell syphilis, one L or two?

綴る spell
【例】お名前はどう綴るのでしょうか?
How do you spell your name?

梅毒 syphilis
==========================================

出張先のエドワードに電話がかかってきました。息子が生まれたのです。

エドワード「目は何色だ?」

 

What color are his eyes?

何色 what color
==========================================

突然、バイオリンの演奏が聞きたいとやって来たエドワードに。

ミロノフ「明日じゃだめか?」

 

Can’t this wait until tomorrow?

[しばしば can をともなって](物・事が)しばらくしないでおかれる、
急を要しない wait
【例】朝食は後でよい.
Breakfast can wait.

明日まで until tomorrow
==========================================
My special gratitude to the US movie, “The Good Shepherd”

星沢希

☆洋画のようなキレイな英語発音を身に着けたい人は、他にいませんか?

 

星沢希
大阪府在住の人気英語講師。大手予備校での英語関連の業務を請負う他、15年以上の長きにわたりサイト「映画から始める英会話」を主宰。洋画や海外ドラマを使用した英語の解説に定評がある。トータルな英語教育歴は20年以上。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

後でいい、のネイティブらしい表現は?(洋画から学ぶ)」への1件のフィードバック

  1. 夏奈

    とても良いです^_^
    折角ならきれいな言葉を習いたいですもの。
    ただ覚えられるかどうかです^^;

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA