英語の勉強ってゴールがない。

 

From:Nobuko

最近英語の勉強について聞かれることが多いのですが、勉強のやり方ってその人の現在の英語のレベルと、その人の勉強の好みによると思うんですよ。

最近英語の勉強の仕方を聞かれたのは、超一流大学を卒業している何をしても上手くこなせてしまう男性と、アーティスト系で英会話学校には通っているけど、試験勉強は苦手、基本机に向かってやるテキストを使った勉強が苦手という女性でした。

まったく違ったタイプの二人なんですよ。

二人とももちろんアメリカで仕事をしているので日本にいる普通の日本人の人達よりは英語が理解できて、少しはコミュニケーションがとれるのですが・・・。

タイプが違う二人だったのですが、私実は二人のほとんど同じアドバイスをしていたことに後で気がつきました。

それは好きなもの、事を英語にからめて勉強してみたら?

というアドヴァイスです。

まあ他にも、厳密にいうと本人達の実力を見て、会話用の語彙をもっと増やせとかは言いましたが。

二人に共通していたのが、勉強が続かない。継続できないという事だったんですよ。

勉強したいのに、勉強する気がおきない(継続できない)というのは駄目駄目でしょ。ということで、続けないと駄目なんですよ。上達したかったら。

それが少しでもできそうなのが、自分の興味のあることを英語ですることかなと。

アドバイスをした後、男性のほうは自分の興味がある映画で英語を勉強し始めました。

おかげさまで続いているようです。

女性のほうは自分の好きなスポーツに関する事を英語でチャレンジしてみるそうです。どうなったか今度チェックしてみます(笑)

ここまでは全く今日のタイトルと関係ない話でしたね(汗)

英語にはゴールがないという話ですが、

勉強しても、終わりがないという話なわけです。

436ca454f24e3ba5ed6c5f3ceb44f3ef_m

英語のテストを受けて何点取る!!っていう人達は別ですが。

でも目標を持って勉強しないと、モチベーションが続きませんよね。

映画の字幕なしでも映画が観れるようになる。

これも一つの目標ですが、映画のジャンルによって英語の難易度がかわってきますし、法廷ものや、刑事もののドラマは普段使わない単語満載だし、

それが一字一句わかるようになるにはかなり長い道のりになりそうです。

ネイティブでさえも意味がわからず見ている場合も多いですし。

語彙は増やせば増やすほど良いに越したことはないですが英語マニアにならない限り、すごく難しい単語など覚える必要はないかと思います。

自分も英語を話したり、聞いたりする事は好きですが、英単語を覚えたり、言い回しをコツコツ覚えるのが苦手です。単語帳を使う語彙の増やし方は自分には無理です。

でも、単語の勉強をやらないと語彙増えないんですよね。

どうにかして単語覚えても、また忘れて、その単語にまたであって、また覚えて、また忘れて、やっと覚えて、でも覚えたのは単語の意味だけで、その単語を自分の会話として使えるようになるには、この単語を使えるシチュエーションに出会った時で、、、、、、、と 書いているだけで自分でもうんざり(笑)

単語帳でささっと覚えられる人がものすごく羨ましいです。

単語を覚えることを習慣にしないとだめですね。

今話題の 習慣 。

と言うことで、自分も結構サボっていた語彙を増やす事を今年から習慣にしました。遅いね(汗)

でも今やっとかないと数ヶ月、数年で差がでますからね。

ということでがんばります。

Nobuko

☆あなたの課題は何ですか?「とにかくまず、英語が口から出てくるように…」ともし思っているなら、ここをクリックして下さい。今だけのチャンスです。

 

スタッフNobuko(仮名)
ニューヨーク在住10年の英語プロスタッフ。ケイティクスで英単語のメールマガジン「ねいたん」を執筆するほか、国際美人プロデューサーとしても活躍。現地のカレッジをオール英語の授業を受けて卒業もしている

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA