投稿者「catiks」のアーカイブ

英語で「チャレンジ」してはダメ!和製英語の罠

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

日本語で外来語として使用されている間に元の意味と違っているという単語はわりと多いです。この記事で取り上げられている以外でも

「テンション」
(本来は「緊張した状態」という意味で日本語で言うような高揚感、気持ちの状態というような意味はありません)

「チャレンジ」
(確かに辞書では「挑戦」と訳されてますが日本語でいう「チャレンジする」の意味で英語のchallengeを使うと通じません。英語では「試練が立ちはだかる」というようなニュアンスです)

「セレブ」
(この単語の由来であるcelebrityは単に「有名人」という意味です。日本語で言われるような「有名で、しかもお金持ち」というニュアンスは含みません)

などなど、挙げるとたくさんありますね。

復讐” それとも“再挑戦”? 「リベンジ」本当の意味とは

カタカナ語の「リベンジ」と英語の「revenge」は別物として使い分けよう

カタカナ語は英語から派生したものが多いが、なかには英語の意味とは異なる言葉も少なくない。 例えば「リベンジ」。 日本での「リベンジ」は、「再挑戦」など敗者が復活してみせようという前向きな意味合いで使われることが多い。挑戦する相手がいるときもあれば、自分への挑戦をする時もある。日本語で会話をする限りは、こうした意味で通じるだろう。 一方、英語の「revenge」は、名詞だと「復讐」「恨み」、動詞では「復讐する」「報復する」という意味だ。自分に傷を負わせたとか不利益をもたらした相手をおとしめるといったダークな意味がある。そのため、カタカナ語「リベンジ」と英単語「revenge」は別物として使い分ける必要がある。

■カタカナ語「リベンジ」を表現するには

リベンジを英語にするとどんな言い方ができるだろうか。「今度こそはリベンジ!」と一言で言っても、その意味合いも幅広く使われるシーンは実にさまざま。いくつかリベンジと言えるような例を挙げる。

<例文>
・I will make it next time, for sure.
(次回こそは成し遂げます)

・I will surely win this time.
(今度こそは勝ってみせます」

・I will redeem myself on my next project.
(次のプロジェクトでは名誉挽回します)

・I will challenge again to overcome my competition.
(私の競合相手に打ち勝つために再挑戦します)

・I am aiming to earn over 800 score for TOEIC test next time around.
(次回こそはTOEICテストで800点以上のスコアを狙います)

・I will never give up halfway with my research next time.
(次回の研究では途中で投げ出しません)

ここで挙げた例が全てではないが、日本で使うカタカナ語「リベンジする」という意味合いで表現したいときは、「make it」(成し遂げる)「win」(勝つ)「redeem oneself」(名誉挽回する)「challenge」(挑戦する)「overcome」(克服する)「aim to」(?を狙う)「not give up」(諦めない)といった言葉を使うと言わんとすることを伝えられるだろう。
http://www.agara.co.jp/news/entame/?i=2096435&p=more

 

【無料】「英語で考えよう」とすると、なぜうまくいかないのか?その原因と本当にうまくいく方法を無料で公開中。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


「~するとすぐ」英語でいくつ言えますか?

 
よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

From:鈴江浩之

むずかしい表現も並べて整理してみると、すんなり頭に入ってくる。

”まとめてみる!” ”関連づけてみる!” これが私の口癖。

今日はそんな一例をご紹介する。

主題の「・・・するとすぐに~」という表現の”ベース”になる英語を考えてみよう。

中学2年ともなると、秋から学習する単元に不定詞が加わる。そんな不定詞を使った文を使ってご説明する。

 

1.and thenとafterの例文!

彼が家に戻ると、すぐに雨が降り出した。

and thenを使った例:
He came back home, and then it soon started to rain.
過去形           過去形

afterを使った例:
After he came back home, it soon started to rain.
過去形           過去形

注意する点は、
上記の2例文は2節とも”過去形”を使っていることである。
発生した順番が明快な時、beforeやafterなど文脈から時間の前後関係が明らかな時には、過去形を使用できる。

過去完了形は、実際に起こった順序とは逆の順序で言う場合に使う。
例えば、
I found that I had lost my wallet on my way back.
帰り道で財布を落としたことに気が付いた。

 

2.as soon asを使った例文!

次は、
as soon asを使った例:
As soon as he came back home, it started to rain.
過去形           過去形

過去形を使用する理由は上記の理由と同様発生した順番が明快からだ。

さて、今度は高校で学習する文法で表現してみよう。

 

3.hardly whenなどを使った例文!

hardly whenを使った表現に入る。

hardly whenを使った例:
通常の形の場合
He had hardly come back home when it started to rain.
過去完了形           過去形

倒置の形の場合
Hardly had he come back home when it started to rain.
過去完了形           過去形

倒置とは、疑問文の形をとることである。
hardlyという語を文頭に置くことで、he hadではなくhad heにしなければならない。

scarcely beforeを使った例:
通常の形の場合
He had scarcely come back home before it started to rain.
過去完了形           過去形

倒置の形の場合
Scarcely had he come back home before it started to rain.
過去完了形           過去形

 

4.no sooner thanを使った例文!

最後に、
no sooner thanを使った例:

通常の形の場合
He had no sooner come back home than it started to rain.
過去完了形           過去形

倒置の形の場合
No sooner had he come back home than it started to rain.
過去完了形           過去形

 

5.まとめ!

He came back home, and then it soon started to rain.

After he came back home, it soon started to rain.

As soon as he came back home, it started to rain.

He had hardly come back home when it started to rain.
Hardly had he come back home when it started to rain.

He had scarcely come back home before it started to rain.
Scarcely had he come back home before it started to rain.

He had no sooner come back home than it started to rain.
No sooner had he come back home than it started to rain.

全部同じ意味として使える。しかし、ただ覚えるだけではつまらない。

口語ではどれを多く使用するか?
どれは書き言葉に向いているか?
気取りたいときはどれか?
喋りでワンランクアップを狙いたいときは?

わかって使えば言葉を操ることができる。

TPOを使い分けてみてはいかがだろうか!

鈴江浩之

 

☆あなたはこんな斬新な方法を知っていましたか?発音力とリスニング力が同時に高まる「●●●●グ」とは?。

 

鈴江浩之
英語アドバイザー。英語家庭教師、通訳者、翻訳者、英語個別指導講師。サンフランシスコ州立大学卒。海外経験でつちかった実務上の英語運用力と、個別指導経験に基づく英文法等知識面の深い造詣の両方を併せ持つ英語指導者。「役に立つ(英語の)情報」主宰。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語