投稿者「catiks」のアーカイブ

学校英語に安易に文句をつけるな。

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

先日のこちらの記事でも書きましたが、基本ができていない人が増えています。その理由の1つが、安直な学校英語否定、文法や書く英語の否定にあることは間違いありません。手遅れにならないうちに正しい考え方を持ちましょう。

「カタコトでも通じればOK」は自己満足? 英語勉強法についての大切なこと

英語の勉強で何度も「漂流」してしまうのは、英語に対する「間違った思い込み」が原因となっていることが少なくありません。
たとえば、英語の勉強法で漂流してきた人の多くは、次のように考えがちです。

「中学・高校と6年間も英語を勉強したのに、できるようにならなかったのは、そもそも学校英語が使えないからだ。だから、英語を話せるようになるには、別の新しいノウハウが必要だ」
(中略)

「6年間」という学習期間には、じつは数字のマジックがあります。「6年間」といっても、実際に英語の授業は週に何時間かです。6年間の授業時間の合計は、だいたい900時間前後といわれています。

そもそも、「6年間も英語を勉強したのに、できるようにならなかった」という前提が、間違っていたのです。(「英語への思い込みを捨て、勉強法の『漂流』から抜け出そうーーはじめに」より)

こう主張するのは、『1年で話せた人が絶対やらない英語勉強法』(水野 稚著、日本実業出版社)の著者。そのため本書では、間違った前提にもとづく思い込みから抜け出し、自分に合う学習法を自分で判断できるようになるための考え方と、的を射た努力をして成果につながるためのノウハウをシェアしているというのです。

注目すべきは、本書の「やらない」というコンセプトが、英語の勉強法と非常に相性がよい点。英語の勉強法はさまざまですが、不確かな情報だけでなく、人によっては合う合わない、向き不向きによる部分が大きく、「やらないこと」を知ることによって、自分に最適で必要な勉強法が見えてくるという考え方です。

そんな本書のなかから、学校英語に焦点を当てたCHAPTER2「『学校英語』を無駄にしない」に注目してみたいと思います。

「学校英語」を否定しない

先にも触れたとおり、日本の学校の英語教育は「使える英語を教えない」と批判されがち。しかし、いわゆる学校英語、特に中学英語は体系的にもよくまとまっていて、(音声面で改善すべき点はあるものの)優れていると著者は反論しています。

学校英語に対する批判で特に多いのが、「読み書き中心で話せるようにならない」という意見。でも実際のところ日本の英語教育は、1980年代末からコミュニケーション重視に大きく舵を切っているのだそうです。ひと昔前とは違い、現在の教科書は会話重視なのだとか。

学校は、すべての科目における「基礎」を学ぶところ。そのため、英語に関しては、ある程度の「読む」「書く」「聞く」「話す」(4技能の基礎)以上のことは期待できないことも著者は認めています。しかし重要なのは、大人になってから英語をやりなおそうと思い立ったとき、なんとか取りつく島があること。学校で「基礎」を学んでいるから、それが力になってくれるということです。

従来の学校の英語教育に、音声教育が足りないことは事実。でも、だからといって日本の英語教育に意味がないわけではないという考え方。これまでの学校教育で培った基礎は、私たちにとっての財産なのだというわけです。
http://www.lifehacker.jp/2017/03/170306_book_to_read.html

 

☆基礎を押さえること。1日15分でそれができます。無料。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


used toとwould、~したものだ、の違いとは?

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

From:鈴江浩之

wouldとused toは、両方とも過去の習慣をあらわすことが出来ます。

でも少し違いがあるんです。

 

used toとは?

発音は「ユーストゥ」となります。ご存知ですね。dの音は消えます。

動詞の過去形として使います。現在形はありません。

過去の習慣や状態を表します。

今と比較して使います。昔は~だった、昔は~した。でも今はしていない、という具合です。

・疑問文や否定文はあまりお目にかかりませんね。

・used to+動詞の原形ですよ。

例文:
I used to go to the movies.
昔はよく映画館に行ったものです。(今は行きません)

There used to be a park around here.
昔この辺に公園がありましたね。(今はありません)

 

wouldとは?

自分の意志や気持ちが含まれています。

現在と比較しません。

過去の習慣を表します。状態の変化には使いません。

よく~したね、という言うニュアンスだけで使います。

例文:
My grandpa would play catch with us.
おじいちゃんは僕たちとよくキャッチボールしたね。(よくそうしたね)

 

使い方のコツ!

used toを使った例文は以下の通りですね。

I used to play tennis.
私は以前テニスをしていました

There used to be a movie theater.
昔ここには映画館がありました。

I used to like bananas.
私は以前バナナが好きでした

※どれも以前は昔は~したけれど、今はしていません、と現在と比較した文となっていますね。
※動詞likeは状態動詞です。
※used toには状態動詞を使うことが出来ます。
※wouldには状態動詞を使うことが出来ません。

状態動詞に数多くの種類がありますが、身近なものに be動詞 like think believe have see feel などがありますよ。

 

wouldに書き換えてみました。

I would play tennis when I was a high school student.
私は高校生のとき、テニスをしていました

×There would be a movie theater.

×I would like orange.

※?がついている例文は間違いの文になります。もうお分かりと思いますが、wouldには状態動詞は使えませんので。

特定の過去を示す副詞句を加えて使うことが多いですよ。when I was a high school student.
これで現在と対比していないことがはっきりしますので。

 

まとめ!

used toは;

発音は「ユーストゥ」となります。ご存知ですね。dの音は消えます。

動詞の過去形として使います。現在形はありません。

過去の習慣や状態を表します。

今と比較して使います。昔は~だった、昔は~した。でも今はしていない、という具合です。

・疑問文や否定文はあまりお目にかかりませんね。

used to+動詞の原形ですよ。

wouldは;

自分の意志や気持ちが含まれています。

現在と比較しません。

過去の習慣を表します。状態の変化には使いません。

よく~したね、という言うニュアンスだけで使います。

鈴江浩之

☆発音とリスニングが同時上達のスパイラル。だからペラペラになれます。

 

鈴江浩之
英語アドバイザー。英語家庭教師、通訳者、翻訳者、英語個別指導講師。サンフランシスコ州立大学卒。海外経験でつちかった実務上の英語運用力と、個別指導経験に基づく英文法等知識面の深い造詣の両方を併せ持つ英語指導者。「役に立つ(英語の)情報」主宰。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語