スタッフIbuki」カテゴリーアーカイブ

英語表現:何時何分前、何分後、の英語表現に注意!

 

From:Ibuki

こんにちは、スタッフのIbuki です。

今回も時間に関しての英語の、私自身の失敗談(その2)をお届けいたします。

時間の表現の取り間違えというのは人の付き合いの中で時に大きな失敗を招きます。正確さを要するやりとりですので、注意が必要ですね!

2e2f50d680952f5e539583d62867acfe_m

これは私が学生時代に、海外にホームステイ体験したときのお話。ある朝、朝ご飯を食べているときにホストマザーが言いました。

”I will give you a lift this morning. Can you come to my car at 10 to eight?”

当時英語初心者の私。 その時の雰囲気とCarという単語から今日の朝は車で学校まで送ってもらえるという事は推測できたのですが、問題は指定された時間。

「10 to eight」に車のところに来て?うーん。
たぶんこれは、8時10分の事ね!

・・・大きな間違いでした。そのまま8時10分に彼女の車の前に現れた私。そこには呆れきった顔のホストマザーがいました。

「10 to eight」=「8時まで10分」つまり「7時50分」なんです。

その時私は8時10分と信じて行動したので、実際彼女が指定した時間からは20分もの違いがあったのです…。

人を待つ20分というものは実に長いものです。彼女は約束どおり学校まで送ってはくれましたが、車の中ではなんとも言えないいやな雰囲気が漂っていました。その雰囲気と私の英語力の未熟さのダブルショックで、言い訳する事もできず、暗い雰囲気のまま一日がスタートしてしまったというお話です。

私たちも日本語でたまに「5時10分前」とか「7時から5分後」というような表現を耳にしますよね。実際には「5時に10分前=4:50」、「7時から5分後=7:05」なのですが、英語にも似たような表現があって、日常の生活の中でよく使われます。

「5時に10分前」=10 to five
「7時から5分後」= 5 past seven

特に人との待ち合わせやミーティングなどのときに、時間を取り違えてしまうと大きな失敗をしてしまうので、きっちり整理しておきましょう。私と同じ失敗をなるべくしないように、皆さんもご注意くださいね!

Ibuki

☆同時通訳が使っていた、英語を高速で読み取る方法とは!?

 

スタッフIbuki
電子部品関係の専門英語翻訳者で、過去にはTOEIC400点でオーストラリアに移住してそのままMBAを取得した、子育てと英語活動を両立させるスーパー英語主婦。論文関係では、オーストラリアの大学でもA(優)を何度も取得してきた。政治家秘書の経験もあり、専門知識の幅広さに定評がある。

 


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

覚えるだけじゃなく「とっさ」で理解できるか?

 

From:Ibuki

こんにちは、スタッフのIbukiです。

皆さんは外国人の方に英語で時間を聞かれたことはありますか?

時間に関する英語、なかなかtrickyな表現も多いですね。かなり昔のことですが私は一度、英語で時間を尋ねてきたお年寄りの方に、当時の私の至らぬ英語力のために、とてもいやな思いをさせてしまった事があります。

ある日、バス停に立っていたときお年寄りの方に声を掛けられました。“Excuse me, but do you have the time?” その方はいいました。私は混乱してしまいました。「今時間ありますか?」ととってしまったんですね。多くの日本人学習者が勘違いするように。(正しい意味、わかりますか?)

突然知らない人に「今暇か」と聞かれたと勘違いした私はとっさに “Why?” と返してしまったのです。そこに鏡はありませんでしたが、たぶんそのときの私は眉間に皺を寄せていたと思います。警戒心MAXで。

その方は私の様子を見て、「あ、いえ、いいです…。 気にしないで。」的な事を英語で返して消えてしまいました。その後、自分の間違いに気が付きます。

“Do you have the time?”

「時間のわかるもの(時計等)を持っていますか?=今何時ですか?」

そうです。あの方は時間を聞きたかっただけなのです。それなのに私は、”Do you have time?” 「時間ありますか?」と受け取ってしまいました。結果、感じ悪い態度を取ってしまい、ドン引きされてしまったというお話です。

“Do you have the time?” 「今何時ですか?」

“Do you have time?” 「時間ありますか?」

「the」があるかないかだけで意味が大きく異なります。文字になってみればその違いは明白ですが、音声だけの会話だと慣れないとその違いに気が付くのは難しい。特に、とっさに言われると混乱しがちです。

394513

このような間違いをしないためにも、いちど勉強した表現は文字だけで理解、覚えるのではなく、いちど頭の中でシミュレーションを作り、どんな場面で相手に言われるのか、あるいは自分が言うのかイメージしてみると理解度が高まると思います。

Ibuki

☆TOEICスコアを絶対に上げなければいけない人へ。少し高いですが、ここが一番効果があります(確認済)

 

スタッフIbuki
電子部品関係の専門英語翻訳者で、過去にはTOEIC400点でオーストラリアに移住してそのままMBAを取得した、子育てと英語活動を両立させるスーパー英語主婦。論文関係では、オーストラリアの大学でもA(優)を何度も取得してきた。政治家秘書の経験もあり、専門知識の幅広さに定評がある。

 


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。