スタッフSaya」カテゴリーアーカイブ

注意!lyがつくと意味が変わる英単語。

 

From:Saya

こんにちは、スタッフのSayaです。

アメリカの郊外在住の学生の私が、留学生らしい視点で見たアメリカの生活や英語学習の情報などをお届けできればと思います。

今日は、英単語の後ろにつく「ly」についてのお話です。

「語尾にlyがつくと副詞である」と教わった人も多いのではないでしょうか。しかし、形容詞と副詞が同じ形の語も多くあります。

例えば、
low (低い/低く)

のように、lowは形容詞でも副詞でも同じ形です。

このようなlyがつかずとも副詞の意味を持つ英単語に、「lyをつけると意味が変わって、違う副詞の単語として成り立つ」単語がいくつかあります。ややこしく混同しやすいので、試験にもよく出てくる英語のジャンルだといえます。

いくつか代表的なものをあげてみます。

(1)

close(接近して、ぴったりと)→空間的近さに使う
closely(密接に、厳重に、正確に、念入りに、ぴったりと)→抽象的関係における近さに使う

例)The women who is standing close to the door is my aunt. (ドアのすぐそばに立っている女性は私のおばです)
例)She closely resembles her mother. (彼女は母親にそっくりだ)

(2)

hard(堅く、きつく、強く)
hardly(ほとんど~ない)

例) He hit the ball hard. (彼はボールを強く打った)
例) We hardly know each other.(私たちはお互いにほとんど知らない)

(3)

high(高く)
highly(大いに、非常に)

例)I can’t jump any higher.(これ以上高く飛べません)
例)She is a highly educated women.(彼女は高学歴だ)

(4)

just(ちょうど、正確に、ただ…だけ、まさに…にすぎない)
justly(正しく、公正に、正確に)

例)I just had a glass of wine. (ワインを1杯飲んだだけです)
例)Everyone should be treated justly. (皆公平に扱われるべきだ)

(5)

late(遅く、遅れて:最近、近ごろ)
lately(最近、近ごろ)= recently

例)He came to the station 15 minutes late. (彼は15分遅れて駅に来た)
例)I’ve been very busy lately. (私は近ごろ大変忙しいです)

(6)

most(最も、(強調語として)非常に、とても)
mostly(たいてい、ほとんどの場合:主に)

例)This is the most boring movie I’ve ever watched. (これは今まで見たうちで最もつまらない映画です)
例)My mother is mostly out on Sundays. (母は日曜日はほとんど外に出かけています)

(7)

near(近く、近くに、接近して)
nearly(ほとんど、ほぼ、危うく…するところで)

例)His house is very near from our school. (彼の家は学校からとても近い)
例)I have nearly finished my job. (仕事をほとんど終わらせました)

実際に使ってみると明らかに使う場面も意味も違うので、すぐに覚えられると思います。例にあげた単語は日常会話でもよく使うものなので、lyがつかない場合とつく場合、意味の違いを覚えて、どんどん使っていきましょう!

Saya

☆「英単語が、どうしても覚えられない・・・(泣)」というあなたは、これを使ってください。最終兵器です。

 

スタッフSaya
アメリカ・フロリダの大学に在学中の現役大学生。帰国子女ではなく、日本の高校を卒業してアメリカの大学に進学した。普通の日本人が英語を学んで海外生活をスタートさせ将来を進行形で作り上げていくという時間の中で、若い視点を通じた英語や海外生活の様子を届ける特派員的役割を担っている。日本で個別指導塾で英語を指導した経験もあり、いわゆる若者水準以上の、日本語英語いずれもしっかりした文章が書ける一面も持つ。

 
↓以下のアンケートにお答えいただくと、無料で英語学習の役立ち情報を数多く見られます。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!


体育会的・英単語記憶術。

 

From:Saya

こんにちは、スタッフのSayaです。

アメリカの郊外在住の学生の私が、留学生らしい視点で見たアメリカの生活や英語学習の情報などをお届けできればと思います。

今日は、私の、体育会的な、しかし絶大な効果のある英単語の覚え方をご紹介します。

1日100語など、今日やる範囲を決めて、スタートです!
基本的にまずは英語→日本語です。具体的には、こんな中身です。

・ 1周目。
まずは「知っている単語」と「知らない単語」に振り分けます。1周目は特に大事で、1周目に意味を知っていた単語というのはもともと知っている単語ということですので、何度もやる必要はありません。次回以降は飛ばすべきです。

ですので知らなかった単語にだけチェックを入れるなり付箋をするなりして、覚えるべき単語はどれなのかわかるようにしておきます。思い出すのに時間がかかったり、なんとなく正解だった単語もチェックを入れます。ここでは厳しめに振り分けしましょう。

・ 2周目。
1周目にチェックを付けた単語を、1つ目に載っている意味から覚えていきます。CD付きの単語帳なら、音と一緒に覚えると良いでしょう。意味が書かれている部分を隠して、英単語を見てパッと意味が言えるようになるように覚えていきます。3分に10語など時間を決めて覚えていくと効率的です。

・ 3周目。
1日の終わりなどにどれだけ覚えているかチェックします。大体忘れていると思いますが落ち込まず気合を入れて覚えなおしましょう。この時点で意味を忘れていた単語にはもう一度チェックを入れたり、別の紙にメモしたり、単語カードを制作したりして区別しておくと良いでしょう。

・ 4周目。
次の日に復習します。「前の日に覚えた単語を復習する」という確認作業は、一番大事な作業かもしれません。しかし自分でルーティーン化しないとどんどん溜まってしまってストレスになってしまいます。ちょっとした空き時間に確認するなど、無理なく続ける工夫が必要です。

・ 5周目以降
3日後、1週間後などルーティーンを決めて確認し直します。これが難しいという人は、どうしても覚えられない単語を別の紙にピックアップして「これだけは覚える」という単語リストを作るか、単語カードに加えるかして、その単語だけでも繰り返し頭に叩き込みましょう。

私は単語を覚えることに特に苦手意識があり、自分に合ったやり方の模索にすごく時間をかけてしまいました。例文を作るとか、語幹を調べるとか、色々工夫しましたが、たどり着いたのは「単語を見てパッと意味を言えるようになるまで繰り返す」というシンプルな方法でした。例文を作るのはその次です。

受験生となると英単語の学習ばかりに時間を割けないので、机に座っていない時こそ英単語に触れようと、単語帳の付属のCDを聞いて発音を確認しながら登校したり、暗記カードを作っていつもポケットの中に忍ばせて確認していました。

1冊の英単語帳の単語を完璧に覚えきるというのは容易なことではありません。難しいレベルになればなるほど、知らない単語ばかりになり、覚えるのにも時間がかかってきます。

しかし、「これを全て覚えなくてはいけない」というノルマがあるからこそ必死に覚えようと繰り返し努力出来るし、繰り返し見直した単語は頭に残ります。単語帳を使った英単語学習は決して無駄にはならないですし語彙を増やすための一番の方法だと私は思います。

Saya

☆「それでも、どうしても覚えられない・・・(泣)」というあなたは、これを使ってください。最終兵器です。

 

スタッフSaya
アメリカ・フロリダの大学に在学中の現役大学生。帰国子女ではなく、日本の高校を卒業してアメリカの大学に進学した。普通の日本人が英語を学んで海外生活をスタートさせ将来を進行形で作り上げていくという時間の中で、若い視点を通じた英語や海外生活の様子を届ける特派員的役割を担っている。日本で個別指導塾で英語を指導した経験もあり、いわゆる若者水準以上の、日本語英語いずれもしっかりした文章が書ける一面も持つ。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!