ニュース(起業・マーケティング)」カテゴリーアーカイブ

素直でない人は・・・になる?

 

「稼げない人の特徴として、素直でないことが多い」というのは確かにその通り。自分で世界を作ってしまって望まない毎日になっているなら見直した方がいいですね。

年収1億円の人は、いつも違う場所で打ち合わせをする?

BOOKSTAND 2017年2月24日 08時00分 (2017年2月26日 12時33分 更新)

起業コンサルタント兼事業家の金川顕教さんによる著書『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』は、次のような文章からはじまります。
「僕の一日の仕事は、朝の数十分の作業だけで終わってしまいます。朝起きてスマホを少しチェックした後は、愛犬のモコと遊んでマセラッティでドライヴ。もしくはスポーツジムに行ってひと汗かきます。その後は大抵、仲間を誘ってショッピングに行って、夕飯はその日の気分で、毎日違うレストランで食事をします」(本書より)
こうした誰もが羨むような生活を送りながら、自ら営むビジネスで年商5億円を達成している金川さん。なぜ金川さんはこれほどまでに成功することができたのか。本書では、その秘訣を49の思考法にまとめ、年収300万円、年収1000万円、そして年収1億円と、それぞれどのような思考法がその年収の差を生み出しているのか、金川さんの経験を通して綴られていきます。
たとえば本書の中で、「稼げない人の特徴として、素直でないことが多い」という金川さん。「年収300万円の人は話を聞かない」「年収1000万円の人は話の7割を参考にする」「年収1億円の人は話を信じて行動する」と分類します。
金川さんによれば、年収1億円クラスの人たちは、「何か教わったら、まずは全て受け入れて真似をする」のだそう。それにより成功者と同じ行動をすることになるため、自らも同様に成功をつかむことができるのだと指摘。
http://www.excite.co.jp/News/lifestyle/20170224/Book_stand_021141.html

 

☆素直なあなたは、この無料書籍を読めば、自分で稼げるビジネスが作れます。

 
 
この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


学力は人生の・・・かもしれない。

学力は武器の1つであり、何より自分の価値と、選んだ道を信じて進んで、積み上げるということですね。

成功者たちに「そこそこ」の成績の人が多い理由

2017年2月19日 6時6分 TABI LABO

学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?

それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成功を収めるためには、その努力は必要ないかもしれません。「Elite Daily」のライター、John Haltiwangerさんの記事によれば、有名な成功者たちのエピソードからも、どうやら彼の考え方は一理あるようです。

自分の価値は
「学力」だけでは測れない

米・前々大統領のジョージ・W・ブッシュは、特別スピーチが得意というわけではありませんでした。しかし、彼は南メソジスト大学の祝辞で、とても核心をついたことを話したのです。

「今日、優秀な成績を収め、数々の賞を受けて卒業する皆さんには、“よく頑張りました”という一言を。そして、平均的な成績の皆さんには、“君も大統領になれる”という言葉を贈ります」

ブッシュ氏は、学生時代に平凡な成績しか収めていなかった自分自身のことを自虐しながら、けっして輝かしいとは言えない成績で卒業する生徒たちに、また違う視点からの物の見方を伝えようとしたのです。

彼が最も訴えたかったのは、「自分の存在価値は、成績に左右されるのではなく、人生には限りない可能性がある」ということ。

じつは歴代大統領には、学生時代にあまり思わしくない成績を残している人物が何人かいるのです。ジョン・F・ケネディ、リンドン・B・ジョンソン、そして父であるジョージ・H・W・ブッシュもそのうちのひとり。
http://news.livedoor.com/article/detail/12692842/

 

☆【無料】学力より大切なのは、ビジネスになるくらいの自分の価値を発見することかもしれません。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語