朝香豊」カテゴリーアーカイブ

expect=期待する、は間違い?要注意の落とし穴とは。

 

From:朝香豊

英単語”expect”

expect=「期待する」という和訳で覚えている人が多いと思いますが、それではちょっと問題がある単語です。

ロングマン現代英英辞典には、expect の1番目に意味として to think that something will happen because it seems likely or has been planned (起こる確率が高いとか計画されてきたことから、ものごとが起こるだろうと思うこと)というのが載っています。これは「起こってくれ」という「期待」とはずいぶん違いがありますね。

「普通に考えたらこうなるよね」という感じでしょう。

宝くじを1枚買う時に、これが1等に当たらないかと「期待する」でしょうが、現実に1等が当たるとは「普通に考えたら思わない」ですよね。

ですから、「1等が当たると期待する」という文脈で expect を使うのはやめましょう。

日本語の「期待する」に比較的近いのは、2番目の意味として載っている to demand that someone does something because it is a duty or seems reasonable (することが義務であったり理にかなっているために、ものごとをやるように要求すること)かもしれません。

「やるのが当然だと思う」→「やるのを期待する」という感じです。

例えば、「優しくするのが当然だと思う」→「優しくするのを期待する」というのは、何とか成立しそうです。

ただこの意味は、私たちが日本語で「期待する」の中心的なイメージとして捉えている願望系の意味とは、ちょっと離れているように感じます。その点、この違いについて、しっかりと意識しておきましょう。

朝香豊

☆英単語が覚えられなくて困っているあなたは、これを使ってください。

 

朝香豊
英単語研究家、学習塾大学受験IRL創設者。英語教育の水準をあげるべく、英単語を丸暗記するのではなく、言葉1つ1つにの奥にある論理とイメージを大切にする指導が人気を呼んでいる。「澄みわたる英語」主宰。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!


英単語の世界を旅する:認識する、ってどういう意味?

 

From:朝香豊

英単語”recognize”

単語集などをみると、よく「認識する」と書いてありますが、「認識する」という日本語に慣れていなくて、わかったようなわからないようなという感じになりやすい単語です。

これを今回は取り上げます。

着目してほしいのは re です。recognize の re は refresh(再び新鮮にする→さわやかにする)の re と同じで「再び」という感じです。

つまり、前もって知っていることを、「あっ、あれだ!」とわかるというのが recognize の意味です。

ウィズダム英和辞典には「〈(覚えのある)人・物・事〉がわかる」という語義を示してくれています。

ですから、遠くから歩いてくる人を何気なく見ていたら、「あっ、○○ちゃんだ!」ってわかる場合ってあると思いますが、それを英語で書くと recognize ○○-chan ということになります。

これを「○○ちゃんを認識する」っていっても、よくわかんないですよね。

別に目で見る必要はありません。電話がかかってきて、誰かなと思って出てみて、
「あっ、○○ちゃんだ!」ってわかるというのでもよいわけです。

ちなみに gnize の部分ですが、know と語源が一緒で「知る」という感じです。

「発音がぜんぜんちがうやん!」という突っ込みが入るかと思いますが、実は昔は know は k も読んだんですよ。そう考えると、 gnize と know も似ているという感じがしてくるのではないでしょうか。

ちなみに助動詞の can も know と語源が同じです。k の発音を昔は読んでたってわかると、つながるような気がしてきませんか。

can が「~できる」の意味になったのも、「~することを知っている」からだと思うとつながりがもっと見えてきますよね。 「1キロ泳ぐことを知っている」=「1キロ泳ぐことができる」という感じで考えてみて下さい。

朝香豊

☆(無料)1日で英語のテキストを3冊読むことができたら?上達のスピードは3倍になります。知りたい人はここをクリック。無料です。

 

朝香豊
英単語研究家、学習塾大学受験IRL創設者。英語教育の水準をあげるべく、英単語を丸暗記するのではなく、言葉1つ1つにの奥にある論理とイメージを大切にする指導が人気を呼んでいる。「澄みわたる英語」主宰。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!