自己啓発」カテゴリーアーカイブ

誰も言わなかった「3日坊主」の真の原因。

 
よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

From:小池真由美

過去に「3日坊主」のお話をしました。

この、3日目から後、続けられない理由って いったいなんなのでしょう?

わたしも、自分自身と照らし合わせて考えてみました。

「3日取り組んだけど、難しくって。」
「3日取り組んだけど、どうしてもできなくって。」

ということは、実はほとんど、ないように思います。

 

続けられない理由、 『ザ・3日目の敵』 は、実は

 飽き 

です。

 

3日すると、たいていのことは、
簡単にできてしまうようになるので「飽きてしまう」んです(;°皿°)

飽きてしまう上、侮(あなど)るようになります。1日目は3時間かかっていたことを、しばらくして、1時間でできるようになると、そのままほっておいてしばらくたった後でさえ、いつも1時間でできる、と勘違いもします。

 

しかし、残念ながら、そうはならないですね ・・・

元通りになってしまいます。

元通りにならないためには、1時間でできるようになってからもしばらく、1時間の作業を続ける必要があります。

 

目安としては、習慣化するのに、

21日間の継続

が必要、という説もあります

・・・なので、大人のやり方としては、3日で飽きることは、能力があるから当たり前なんだ、として、いかに飽きないかを計画しておく、というのも1つの工夫ですね。

英語の場合は、いかに単語をたくさん覚えるかというのが中級以降 とても大切になってきますので、このあたりの工夫は、また改めて1つの記事にして書いていきたいと思います。

 

何かを達成したことのある人は 口をそろえてこう言います。

『 誰でもできることを、誰でもできないくらいやる 』

のだと。

先日、福岡でお話を伺った方も、同じことをおっしゃっていました。まさに、継続は力 なのだなぁ、と感じました。

 

でも・・・ ここまで書いておいてなんなんだ、と言われそうですが、

わたしは、やっぱり

 

ガツガツ3日 1日休み 2日そこそこ

 

ってな感じで、マイペース で行きま~す。  (*^o^*)

 

一番大事なのは、自分がどんなときに飽きるのか、何にだったらやる気がでるのか、そういった自分の特徴を上手に組み合わせることだと思っているからです。

 

これは、もう、経験からです。

よ~い、どん! とスタートしたとき、いつも私はビリです。
どうしようもなく下手くそで要領悪いです。

期間が3年だったとしたら、2年までビリです。
でも、なぜか3年にはレギュラークラスなんです。

 

そういう自分を知っているからなんです。

 

残念ながら、早く何かを覚えられない 体でゆっくり覚える 『わたし』 なんですね。

さ~て。

 

あなたは『飽き』という敵と、どう仲良くなりますか?

声に出して言ってみてくださいね。

 

I give up easily.    わたしはすぐあきらめる

 

小池真由美

 

☆英単語が覚えられなくて困っているあなたへ。これは「1つの新しい方法」です。

 

小池真由美
有限会社エスパリエ代表取締役。「英語特訓塾」「小池塾」塾長。会議通訳者。東京大学先端科学技術研究センター特任研究員(英語)、国立情報学研究所(NII)研究員(英語・情報基盤)、特許庁英語特許審査調査員(国際・新技術担当)等のキャリアを通して専門的な英語の経験を積み、現在にいたる。英語関係のロングセラー著書数冊有り。

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


中年のほうが英語は上達する?

 

年齢関係なく、自信を持って取り組めば大丈夫です。

40代が10代の学生よりも英語力を急速に伸ばせる理由

ZUU Online 2017年2月28日 09時02分 (2017年3月1日 08時32分 更新)

■習得に必要なのは「若さ」ではなく「目的意識の高さ」

一般的には若いほうが英語を習得しやすいと言われるが、長年、企業などで英語研修を手がけてきた中で、菊間ひろみ氏は「英語を学ぶのは40歳からがいい」という結論に達したという。いったいなぜなのか。お話をうかがった。

■経験と必要性は若さに優るアドバンテージ

「仕事で使える英語力を身につけたいが、40代にもなれば記憶力が衰えてくる。今から学んでももう遅いかな……」。そんな諦めを持っている人も多いかもしれないが、菊間氏は「40代で英語を始めても、まったく遅くない」と言う。

「私の経験でも、長く英語に触れていなかった40~50代の人が、再び勉強を始めて、英語で電話やプレゼンができるようになった例は珍しくありません。記憶力が多少落ちても、英語を習得するのは十分可能です。むしろ、英語を学ぶのは40歳からのほうがいいぐらいです」

40歳以降のほうがいい理由はいくつかある。1つは「モチベーションの高さ」だ。

「英語を習得するうえで最も重要なのは『毎日コツコツ継続する』こと。どんなに頭が良くても、記憶力が高くても、毎日、習慣のように英語に触れ続けなければ、自然と英語が口から出てくるようにはなりません。ゴルフなどのスポーツが、たくさん練習して身体で覚え込まないとうまくならないのと同じです。

では、毎日続けるためには何が必要かといえば、それはモチベーションです。モチベーションは、40歳以上のほうが、10代の学生よりも高い人が多いと感じます。
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20170228/zuuonline_141036.html

 

☆80代の方も楽しく取り組んでいる無料の英語メール講座

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語