自己啓発」カテゴリーアーカイブ

母国語を大事にしてこその英語。

 

結論への賛否は色々でしょうが、母国語を頑なにまで大切にしようとする姿勢自体は日本人は見習うべきと思いますね。母国語あっての外国語なのですし、一部の英語学習者は日本語や日本的思考を軽視しすぎという印象があります。

パリ五輪招致に英語の標語、フランス語擁護派が憤慨

[パリ 17日 ロイター] – フランスのオリンピック委員会が2024年の五輪招致を支援する標語に英語を使用したとして、フランス語擁護派が憤慨している。五輪にはほかに、ロサンゼルスとブダペストが名乗りを上げている。

標語は「Made for Sharing」(分かち合おう)というもので、五輪委員会は、より広い世界にアピールする狙いから英語を使用したと説明した。

学会の最高権威であるアカデミー・フランセーズは、この文言はすでにピザやスイーツなどの宣伝に広く使われているとして、標語はピザの広告程度と酷評。別の擁護団体は、この選択はフランス語に対する冒涜とし、代わりに「Venez partager!」(来て分かち合おう)との文言を提案した。

フランス文化の擁護者として知られる著名ジャーナリストのベルナール・ピボ氏は「フランス語圏の中心であるパリが、シェークスピアのみならず、ドナルド・トランプの言葉でもある英語に屈することに、フランス語を話す国々は驚き、憤ることだろう」と述べた。
http://jp.reuters.com/article/frolympic-idJPKBN15Z0CY

 
【無料】日本語の言い回しを英語にするメールマガジン配信中。
 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


学力は人生の・・・かもしれない。

学力は武器の1つであり、何より自分の価値と、選んだ道を信じて進んで、積み上げるということですね。

成功者たちに「そこそこ」の成績の人が多い理由

2017年2月19日 6時6分 TABI LABO

学生時代、評価ばかりを気にして、生活のリズムを変えてまで学業に励んだ経験はありませんか?

それが人生の目標であれば達成したと言えますが、人生でもっと大きな成功を収めるためには、その努力は必要ないかもしれません。「Elite Daily」のライター、John Haltiwangerさんの記事によれば、有名な成功者たちのエピソードからも、どうやら彼の考え方は一理あるようです。

自分の価値は
「学力」だけでは測れない

米・前々大統領のジョージ・W・ブッシュは、特別スピーチが得意というわけではありませんでした。しかし、彼は南メソジスト大学の祝辞で、とても核心をついたことを話したのです。

「今日、優秀な成績を収め、数々の賞を受けて卒業する皆さんには、“よく頑張りました”という一言を。そして、平均的な成績の皆さんには、“君も大統領になれる”という言葉を贈ります」

ブッシュ氏は、学生時代に平凡な成績しか収めていなかった自分自身のことを自虐しながら、けっして輝かしいとは言えない成績で卒業する生徒たちに、また違う視点からの物の見方を伝えようとしたのです。

彼が最も訴えたかったのは、「自分の存在価値は、成績に左右されるのではなく、人生には限りない可能性がある」ということ。

じつは歴代大統領には、学生時代にあまり思わしくない成績を残している人物が何人かいるのです。ジョン・F・ケネディ、リンドン・B・ジョンソン、そして父であるジョージ・H・W・ブッシュもそのうちのひとり。
http://news.livedoor.com/article/detail/12692842/

 

☆【無料】学力より大切なのは、ビジネスになるくらいの自分の価値を発見することかもしれません。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語