自己啓発」カテゴリーアーカイブ

素直でない人は・・・になる?

 

「稼げない人の特徴として、素直でないことが多い」というのは確かにその通り。自分で世界を作ってしまって望まない毎日になっているなら見直した方がいいですね。

年収1億円の人は、いつも違う場所で打ち合わせをする?

BOOKSTAND 2017年2月24日 08時00分 (2017年2月26日 12時33分 更新)

起業コンサルタント兼事業家の金川顕教さんによる著書『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』は、次のような文章からはじまります。
「僕の一日の仕事は、朝の数十分の作業だけで終わってしまいます。朝起きてスマホを少しチェックした後は、愛犬のモコと遊んでマセラッティでドライヴ。もしくはスポーツジムに行ってひと汗かきます。その後は大抵、仲間を誘ってショッピングに行って、夕飯はその日の気分で、毎日違うレストランで食事をします」(本書より)
こうした誰もが羨むような生活を送りながら、自ら営むビジネスで年商5億円を達成している金川さん。なぜ金川さんはこれほどまでに成功することができたのか。本書では、その秘訣を49の思考法にまとめ、年収300万円、年収1000万円、そして年収1億円と、それぞれどのような思考法がその年収の差を生み出しているのか、金川さんの経験を通して綴られていきます。
たとえば本書の中で、「稼げない人の特徴として、素直でないことが多い」という金川さん。「年収300万円の人は話を聞かない」「年収1000万円の人は話の7割を参考にする」「年収1億円の人は話を信じて行動する」と分類します。
金川さんによれば、年収1億円クラスの人たちは、「何か教わったら、まずは全て受け入れて真似をする」のだそう。それにより成功者と同じ行動をすることになるため、自らも同様に成功をつかむことができるのだと指摘。
http://www.excite.co.jp/News/lifestyle/20170224/Book_stand_021141.html

 

☆素直なあなたは、この無料書籍を読めば、自分で稼げるビジネスが作れます。

 
 
この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。



☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

母国語を大事にしてこその英語。

 

結論への賛否は色々でしょうが、母国語を頑なにまで大切にしようとする姿勢自体は日本人は見習うべきと思いますね。母国語あっての外国語なのですし、一部の英語学習者は日本語や日本的思考を軽視しすぎという印象があります。

パリ五輪招致に英語の標語、フランス語擁護派が憤慨

[パリ 17日 ロイター] – フランスのオリンピック委員会が2024年の五輪招致を支援する標語に英語を使用したとして、フランス語擁護派が憤慨している。五輪にはほかに、ロサンゼルスとブダペストが名乗りを上げている。

標語は「Made for Sharing」(分かち合おう)というもので、五輪委員会は、より広い世界にアピールする狙いから英語を使用したと説明した。

学会の最高権威であるアカデミー・フランセーズは、この文言はすでにピザやスイーツなどの宣伝に広く使われているとして、標語はピザの広告程度と酷評。別の擁護団体は、この選択はフランス語に対する冒涜とし、代わりに「Venez partager!」(来て分かち合おう)との文言を提案した。

フランス文化の擁護者として知られる著名ジャーナリストのベルナール・ピボ氏は「フランス語圏の中心であるパリが、シェークスピアのみならず、ドナルド・トランプの言葉でもある英語に屈することに、フランス語を話す国々は驚き、憤ることだろう」と述べた。
http://jp.reuters.com/article/frolympic-idJPKBN15Z0CY

 
【無料】日本語の言い回しを英語にするメールマガジン配信中。
 


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。