英単語」カテゴリーアーカイブ

onlyとjustはどう違う?使い分けは?

 

From:鈴江浩之

簡単な英語ほど間違いやすい。「only」と「alone」「just」の使い方まとめてみた。

「only」について!

修飾する語句の直前に置かれる これをしっかり頭に入れておいて欲しい。

例文:
1.Naomi was only 17 when she got married.
ナオミが結婚したのはたった17歳の時だった。

2.It is only a joke.
ただのジョークだよ。

3.Only if she goes, I will go.
彼女が行く場合にしか私は行かないよ。

※例文1.は、onlyが「17」の前におかれている。
※例文2.は、onlyが「a joke」の前におかれている。
※例文3.は、onlyが「if she goes」の前におかれている。
例文3.で重要なことは、if only she goesにしないこと。訳すと、(彼女だけがいくとき)となる。しかし、意図していることは、(彼女がいくときだけ)に違いない。なので「if she goes」の前に置くのが自然となる。

他の例を確認してみよう。

例文:
1.Only she speaks English.(彼女だけ英語を話す)

2.She only speaks English.(彼女は英語を話すしかない)

3.She speaks only English.(彼女は英語だけ話す)

※例文2.については、2つの意味で使われることがある。
1つ目は、英語を話すだけ、英語を話すしかない、という意味。
2つ目は、英語に関しては、3と同様の英語だけ話す、という意味。
only が動詞の直前に位置する場合は、
動詞のそのものを修飾する、動詞の目的語を修飾する、の2つがあるということである。
※She speaks English only.の only を最後に持ってくるこの形は、このあとに続くニュアンスを与えてしまうので、基本的には使用しない。
※看板表記などには、慣用表現として使われることがあるが、あくまで例外である。

 

「alone」について!

例文:
1.She alone speaks English.
彼女だけ英語話す。

2.She speaks English alone.
彼女は英語だけ話す。

※例文1について、She only speaks English.と同様として使うことができる。
※例文2について、alone は English の後に単独でつけることが出来る。only の場合には、最後に持ってこない、というのも忘れないでほしい。

他の例文:

1.I want to be alone.
私は1人になりたい。

2.The case will cost thousands of dollars in legal fees alone.
この訴訟は弁護士費用だけでも数千ドルかかるだろう。

3.Leave me alone.
1人にしてくれ。

 

「just」について!

これは「ただ」「ばかり」「ちょうど」という言う時に使う。
ここ just ルールも「only」と同じ。修飾する語句の直前に置かれる。

例文:
I just want to say…
ただ言いたいのは・・・

It just stopped working.
急に動かなくなった。

※ジャスト・ミートは和製英語

鈴江浩之

☆発音とリスニングが同時上達のスパイラル。だからペラペラになれます。

 

鈴江浩之
英語アドバイザー。英語家庭教師、通訳者、翻訳者、英語個別指導講師。サンフランシスコ州立大学卒。海外経験でつちかった実務上の英語運用力と、個別指導経験に基づく英文法等知識面の深い造詣の両方を併せ持つ英語指導者。「役に立つ(英語の)情報」主宰。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!


注意!lyがつくと意味が変わる英単語。

 

From:Saya

こんにちは、スタッフのSayaです。

アメリカの郊外在住の学生の私が、留学生らしい視点で見たアメリカの生活や英語学習の情報などをお届けできればと思います。

今日は、英単語の後ろにつく「ly」についてのお話です。

「語尾にlyがつくと副詞である」と教わった人も多いのではないでしょうか。しかし、形容詞と副詞が同じ形の語も多くあります。

例えば、
low (低い/低く)

のように、lowは形容詞でも副詞でも同じ形です。

このようなlyがつかずとも副詞の意味を持つ英単語に、「lyをつけると意味が変わって、違う副詞の単語として成り立つ」単語がいくつかあります。ややこしく混同しやすいので、試験にもよく出てくる英語のジャンルだといえます。

いくつか代表的なものをあげてみます。

(1)

close(接近して、ぴったりと)→空間的近さに使う
closely(密接に、厳重に、正確に、念入りに、ぴったりと)→抽象的関係における近さに使う

例)The women who is standing close to the door is my aunt. (ドアのすぐそばに立っている女性は私のおばです)
例)She closely resembles her mother. (彼女は母親にそっくりだ)

(2)

hard(堅く、きつく、強く)
hardly(ほとんど~ない)

例) He hit the ball hard. (彼はボールを強く打った)
例) We hardly know each other.(私たちはお互いにほとんど知らない)

(3)

high(高く)
highly(大いに、非常に)

例)I can’t jump any higher.(これ以上高く飛べません)
例)She is a highly educated women.(彼女は高学歴だ)

(4)

just(ちょうど、正確に、ただ…だけ、まさに…にすぎない)
justly(正しく、公正に、正確に)

例)I just had a glass of wine. (ワインを1杯飲んだだけです)
例)Everyone should be treated justly. (皆公平に扱われるべきだ)

(5)

late(遅く、遅れて:最近、近ごろ)
lately(最近、近ごろ)= recently

例)He came to the station 15 minutes late. (彼は15分遅れて駅に来た)
例)I’ve been very busy lately. (私は近ごろ大変忙しいです)

(6)

most(最も、(強調語として)非常に、とても)
mostly(たいてい、ほとんどの場合:主に)

例)This is the most boring movie I’ve ever watched. (これは今まで見たうちで最もつまらない映画です)
例)My mother is mostly out on Sundays. (母は日曜日はほとんど外に出かけています)

(7)

near(近く、近くに、接近して)
nearly(ほとんど、ほぼ、危うく…するところで)

例)His house is very near from our school. (彼の家は学校からとても近い)
例)I have nearly finished my job. (仕事をほとんど終わらせました)

実際に使ってみると明らかに使う場面も意味も違うので、すぐに覚えられると思います。例にあげた単語は日常会話でもよく使うものなので、lyがつかない場合とつく場合、意味の違いを覚えて、どんどん使っていきましょう!

Saya

☆「英単語が、どうしても覚えられない・・・(泣)」というあなたは、これを使ってください。最終兵器です。

 

スタッフSaya
アメリカ・フロリダの大学に在学中の現役大学生。帰国子女ではなく、日本の高校を卒業してアメリカの大学に進学した。普通の日本人が英語を学んで海外生活をスタートさせ将来を進行形で作り上げていくという時間の中で、若い視点を通じた英語や海外生活の様子を届ける特派員的役割を担っている。日本で個別指導塾で英語を指導した経験もあり、いわゆる若者水準以上の、日本語英語いずれもしっかりした文章が書ける一面も持つ。

 
↓以下のアンケートにお答えいただくと、無料で英語学習の役立ち情報を数多く見られます。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!