英単語」カテゴリーアーカイブ

トランプ大統領の英語レッスン!?

 

まず、よろしければお手数ですが、こちらのボタンをそれぞれ1回だけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)
↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語

 

平易な英語で話す、というのは誰に伝える時であっても大切なポイントです。良いところを吸収できるなら、素直にそうするのはありだと思います。

「暴言王」トランプ氏の英語はなぜ米国人の心を捉えたのか?

ZUU Online 2017年2月27日 09時13分 (2017年2月28日 08時32分 更新)

■日本人にも真似できる説得力ある話し方の技術

「暴言王」と呼ばれながら、大方の予想を覆して米国大統領に当選したドナルド・トランプ氏。彼の発言は、なぜ多くの米国民の支持を受けたのか? トランプ氏が使う英語の特徴を、長年トランプ氏をウォッチし続けてきた浅川芳裕氏にうかがった。

■あえて簡単な単語のみを使う

英語では、音節の少ない単語を多く使っているほど、わかりやすい話をしていると判断されます。トランプ氏が、あるインタビューで、質問への回答に使った22単語をユーチューブ番組『Nerdwriter1』が分析したところ、78%が1音節、17%が2音節でした。合計すると9割を超えます。1音節の単語は「I」「go」など、2音節の単語は「problem」などで、日本の中学生でも馴染みがあるような簡単なものです。

3音節の単語は「remember」を1回、「tremendous」を3回使っているだけ。tremendousは「ものすごい!」「とてつもない!」「とんでもない!」という意味です。米国人もあまり使わないのですが、トランプ氏は強調語としてあえてよく使っています。

4音節の単語は、「temporary(一時的な)」と、地名の「California」だけ。カリフォルニアは地名なので使わざるを得ません。もう1つの「temporary」は日本の高校で習うレベルですが、トランプ氏はこの単語を発した瞬間、すぐに飲み込みました。
http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20170227/zuuonline_140912.html

 

【無料】相手に飲み込まれず堂々と英語を話す術。

 
 
この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


others=他人、は間違い?真相はいかに。

 

From:朝香豊

英単語”other”

others を辞書を見ると判を押したように、「他人」という意味が書いてあり、Be kind to others. (他人に親切にしなさい)という例文が載っていることが多いですね。

ところがこれはミスリーディングになりそうで、ちょっと気をつけたいところです。

「他人」という日本語は、「自分とは関わりあいのない人間」というイメージですね。「あんたなんて他人でしょ!」という使い方なんかを考えると、とてもよくわかります。

そのため、Be kind to others. (他人に親切にしなさい)という例文を出されると、「見ず知らずの人でも困っている人を見かけたら助けてあげるものですよ」というような意味合いを、意味の中心としてとってしまいがちではないかと思うのです。

ところが、others が意味しているのは「自分ではない人たち」です。other の「他」という意味は、「自分以外の」という形で込められています。ですから、Be kind to others. で言われている others の中には、親も兄弟も親戚も友達もみんな入っています。

others は「自分以外の人」のことを指しますから、もちろん日本語でいう「他人」もその領域には入ってはいますが、自分の周りにいて自分と関わりを持つ人たちのことを頭において使っていることが多い印象があります。

ですので、others =「他人」という図式には、どうもすっきりしないものを感じてしまいます。

では others にはどんな訳語を付けたらよいかといえば、「ひと」がいいんじゃないかと思います。

「ひとの気も知らないで」とか「ちょっとはひとのことも考えなよ」とか言っている時の「ひと」が others ではないかと思います。

朝香豊

☆英単語が覚えられなくて困っているあなたは、これを使ってください。

 

朝香豊
英単語研究家、学習塾大学受験IRL創設者。英語教育の水準をあげるべく、英単語を丸暗記するのではなく、言葉1つ1つにの奥にある論理とイメージを大切にする指導が人気を呼んでいる。「澄みわたる英語」主宰。

 
 
この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語