英語の知識」カテゴリーアーカイブ

used toとwould、~したものだ、の違いとは?

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

From:鈴江浩之

wouldとused toは、両方とも過去の習慣をあらわすことが出来ます。

でも少し違いがあるんです。

 

used toとは?

発音は「ユーストゥ」となります。ご存知ですね。dの音は消えます。

動詞の過去形として使います。現在形はありません。

過去の習慣や状態を表します。

今と比較して使います。昔は~だった、昔は~した。でも今はしていない、という具合です。

・疑問文や否定文はあまりお目にかかりませんね。

・used to+動詞の原形ですよ。

例文:
I used to go to the movies.
昔はよく映画館に行ったものです。(今は行きません)

There used to be a park around here.
昔この辺に公園がありましたね。(今はありません)

 

wouldとは?

自分の意志や気持ちが含まれています。

現在と比較しません。

過去の習慣を表します。状態の変化には使いません。

よく~したね、という言うニュアンスだけで使います。

例文:
My grandpa would play catch with us.
おじいちゃんは僕たちとよくキャッチボールしたね。(よくそうしたね)

 

使い方のコツ!

used toを使った例文は以下の通りですね。

I used to play tennis.
私は以前テニスをしていました

There used to be a movie theater.
昔ここには映画館がありました。

I used to like bananas.
私は以前バナナが好きでした

※どれも以前は昔は~したけれど、今はしていません、と現在と比較した文となっていますね。
※動詞likeは状態動詞です。
※used toには状態動詞を使うことが出来ます。
※wouldには状態動詞を使うことが出来ません。

状態動詞に数多くの種類がありますが、身近なものに be動詞 like think believe have see feel などがありますよ。

 

wouldに書き換えてみました。

I would play tennis when I was a high school student.
私は高校生のとき、テニスをしていました

×There would be a movie theater.

×I would like orange.

※?がついている例文は間違いの文になります。もうお分かりと思いますが、wouldには状態動詞は使えませんので。

特定の過去を示す副詞句を加えて使うことが多いですよ。when I was a high school student.
これで現在と対比していないことがはっきりしますので。

 

まとめ!

used toは;

発音は「ユーストゥ」となります。ご存知ですね。dの音は消えます。

動詞の過去形として使います。現在形はありません。

過去の習慣や状態を表します。

今と比較して使います。昔は~だった、昔は~した。でも今はしていない、という具合です。

・疑問文や否定文はあまりお目にかかりませんね。

used to+動詞の原形ですよ。

wouldは;

自分の意志や気持ちが含まれています。

現在と比較しません。

過去の習慣を表します。状態の変化には使いません。

よく~したね、という言うニュアンスだけで使います。

鈴江浩之

☆発音とリスニングが同時上達のスパイラル。だからペラペラになれます。

 

鈴江浩之
英語アドバイザー。英語家庭教師、通訳者、翻訳者、英語個別指導講師。サンフランシスコ州立大学卒。海外経験でつちかった実務上の英語運用力と、個別指導経験に基づく英文法等知識面の深い造詣の両方を併せ持つ英語指導者。「役に立つ(英語の)情報」主宰。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


コインランドリーを英語で使うには?

 

こういうちょっとしたことを知っておくと、いざ海外に行った時にビビらなくて済みます。

2017年03月05日 11時20分

海外生活で役立つ! アメリカの「コインランドリー」の使い方

アメリカに留学や長期滞在すると、ホームステイ以外であれば、コインランドリーを利用するケースが多い。洗濯方法は英語で書かれてあるので、初めて使う場合は戸惑うこともあるだろう。そこで今回は、アメリカでのコインランドリーの使い方を紹介していく。

【STEP 1】洗濯物を入れる

洗濯機の種類によるが、洗剤を先に入れて洗濯物を入れる古いタイプと、洗剤や柔軟剤を入れる引き出しが付いている新しいタイプがある。洗濯機のふたに説明書きがあるので、注意事項を読み、各洗濯機に適した方法で洗剤などを投入しよう。

【STEP 2】コースを選ぶ

洗濯物を入れたら洗濯コースを選ぶ。コースは主に3種類だ。

・Hot Water
熱いお湯を使って洗濯するコース。白色の服、汚れが多い服、布おむつなどはこのコースがオススメだ。土などの汚れや細菌を取り除ける一方、服が縮むことがあるので注意。

・Warm Water
ぬるいお湯を使って洗濯するコース。通常の衣類はこのコースが使われる。

・Cold Water
冷たい水を使って洗濯するコース。暗い色の衣服、デリケートなものはこのコースが良い。

【STEP 3】乾燥機を使う

選んだコースにもよるが、洗濯はおおよそ30分程度で完了する。洗濯が終わったら、洗濯物をカートに入れて乾燥機まで移動させ、乾燥コースを設定しよう。乾燥コースは主に4種類ある。

・Hot Temperature
最も熱い温度での乾燥。アメリカで購入した衣類にオススメ。日本製の衣類は縮む可能性あり。

・Warm Temperature
暖かい温度での乾燥。日本から持ってきた衣類に適している。

・Low Temperature
ぬるい温度での乾燥。「Warm Temperature」と同様、日本から持ってきた衣類に適している。

・Delicate
デリケート専用。ただし、きちんと乾かない可能性もあり。

ちなみに、アメリカのコインランドリーは通常25セント硬貨が8~12枚程度必要となるので、事前に両替しておくことをオススメする。
http://juken.oricon.co.jp/rank_english/news/2086929/full/

 

☆海外で研修を受けたパイロットが教える、実際に、海外で堂々と英語を使う方法。

 
 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語