英語の知識」カテゴリーアーカイブ

すぽると?単語sportとスポーツの違いを明かす。

 

From:朝香豊

英単語”sport”

sport といえば、「スポーツ」の意味だと普通は思いますよね。

ところが、日本語の「スポーツ」と sport では、少しだけですが、違いがあるのです。

この単語、実はもともとは disport だったというのはご存知ですか。いつのまにか di が落っこちて sport となりました。

では disport とはどういう意味でしょうか。

dis は dislike なんかにも使われますが、「離れる」ことを意味します。dislike は「好きから離れる」で「嫌う」という感じだと思えばいいですね。

port は「運ぶ」です。portable(持ち運びできる)という単語はもはや日本語だと思っていましたが、最近はどうも雲行きが怪しいです。ポータブルな商品が当たり前になってきて、逆にポータブルという言葉を使わなくなってきたので、若い人の中にはピンと来ないという人もいるようです。

そんな人はモバイル・ナンバー・ポータビリティのポータビリティを頭に置いて下さい。携帯電話の番号を「持ち運びできること」ですね。

港を port というのも物流の拠点だからですし、import は「中に運ぶ」で「輸入」、export は「外に運ぶ」で「輸出」です。

ちょっと脱線しましたが、disport はそのまま読めば、「離して運ぶ」です。

ところで何をどこから「離して運ぶ」のかというと、「自分を日常から離して運ぶ」のです。

ここから、日頃のことを忘れて「娯楽のために浮かれて騒ぐ」というのが sport のもともとの意味です。

この「娯楽」「戯れ」系の意味は、いくぶん古い感じも与えるようですが、現代でもまだ用いられています。

kill animals for sport といえば、「戯れで動物を殺す」ということです。

このつながりで、釣りやハンティングのことを sport と呼ぶようになったわけです。

さらに、その延長線上で戸外で娯楽のために体を動かすことも sport と呼ぶようになり、やがては競技のために体を動かすことも sport というようになってきたようです。

私たちは釣りとかハンティングのようなものは「スポーツ」の意味ではなかなかとれないと思いますが、もともとの意味からすると普通の「スポーツ」よりもこちらの方が、実は sport の源流に近いものだと思って下さい。

朝香豊

☆いよいよ、本日公開終了。47万円分の英語ノウハウの破格オファーとは?クリックしてご覧ください(カワイイ赤ちゃんの写真もあり)

 

朝香豊
英単語研究家、学習塾大学受験IRL創設者。英語教育の水準をあげるべく、英単語を丸暗記するのではなく、言葉1つ1つにの奥にある論理とイメージを大切にする指導が人気を呼んでいる。「澄みわたる英語」主宰。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


used toとwould、~したものだ、の違いとは?

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

From:鈴江浩之

wouldとused toは、両方とも過去の習慣をあらわすことが出来ます。

でも少し違いがあるんです。

 

used toとは?

発音は「ユーストゥ」となります。ご存知ですね。dの音は消えます。

動詞の過去形として使います。現在形はありません。

過去の習慣や状態を表します。

今と比較して使います。昔は~だった、昔は~した。でも今はしていない、という具合です。

・疑問文や否定文はあまりお目にかかりませんね。

・used to+動詞の原形ですよ。

例文:
I used to go to the movies.
昔はよく映画館に行ったものです。(今は行きません)

There used to be a park around here.
昔この辺に公園がありましたね。(今はありません)

 

wouldとは?

自分の意志や気持ちが含まれています。

現在と比較しません。

過去の習慣を表します。状態の変化には使いません。

よく~したね、という言うニュアンスだけで使います。

例文:
My grandpa would play catch with us.
おじいちゃんは僕たちとよくキャッチボールしたね。(よくそうしたね)

 

使い方のコツ!

used toを使った例文は以下の通りですね。

I used to play tennis.
私は以前テニスをしていました

There used to be a movie theater.
昔ここには映画館がありました。

I used to like bananas.
私は以前バナナが好きでした

※どれも以前は昔は~したけれど、今はしていません、と現在と比較した文となっていますね。
※動詞likeは状態動詞です。
※used toには状態動詞を使うことが出来ます。
※wouldには状態動詞を使うことが出来ません。

状態動詞に数多くの種類がありますが、身近なものに be動詞 like think believe have see feel などがありますよ。

 

wouldに書き換えてみました。

I would play tennis when I was a high school student.
私は高校生のとき、テニスをしていました

×There would be a movie theater.

×I would like orange.

※?がついている例文は間違いの文になります。もうお分かりと思いますが、wouldには状態動詞は使えませんので。

特定の過去を示す副詞句を加えて使うことが多いですよ。when I was a high school student.
これで現在と対比していないことがはっきりしますので。

 

まとめ!

used toは;

発音は「ユーストゥ」となります。ご存知ですね。dの音は消えます。

動詞の過去形として使います。現在形はありません。

過去の習慣や状態を表します。

今と比較して使います。昔は~だった、昔は~した。でも今はしていない、という具合です。

・疑問文や否定文はあまりお目にかかりませんね。

used to+動詞の原形ですよ。

wouldは;

自分の意志や気持ちが含まれています。

現在と比較しません。

過去の習慣を表します。状態の変化には使いません。

よく~したね、という言うニュアンスだけで使います。

鈴江浩之

☆発音とリスニングが同時上達のスパイラル。だからペラペラになれます。

 

鈴江浩之
英語アドバイザー。英語家庭教師、通訳者、翻訳者、英語個別指導講師。サンフランシスコ州立大学卒。海外経験でつちかった実務上の英語運用力と、個別指導経験に基づく英文法等知識面の深い造詣の両方を併せ持つ英語指導者。「役に立つ(英語の)情報」主宰。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語