英語勉強法」カテゴリーアーカイブ

学校英語に安易に文句をつけるな。

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

先日のこちらの記事でも書きましたが、基本ができていない人が増えています。その理由の1つが、安直な学校英語否定、文法や書く英語の否定にあることは間違いありません。手遅れにならないうちに正しい考え方を持ちましょう。

「カタコトでも通じればOK」は自己満足? 英語勉強法についての大切なこと

英語の勉強で何度も「漂流」してしまうのは、英語に対する「間違った思い込み」が原因となっていることが少なくありません。
たとえば、英語の勉強法で漂流してきた人の多くは、次のように考えがちです。

「中学・高校と6年間も英語を勉強したのに、できるようにならなかったのは、そもそも学校英語が使えないからだ。だから、英語を話せるようになるには、別の新しいノウハウが必要だ」
(中略)

「6年間」という学習期間には、じつは数字のマジックがあります。「6年間」といっても、実際に英語の授業は週に何時間かです。6年間の授業時間の合計は、だいたい900時間前後といわれています。

そもそも、「6年間も英語を勉強したのに、できるようにならなかった」という前提が、間違っていたのです。(「英語への思い込みを捨て、勉強法の『漂流』から抜け出そうーーはじめに」より)

こう主張するのは、『1年で話せた人が絶対やらない英語勉強法』(水野 稚著、日本実業出版社)の著者。そのため本書では、間違った前提にもとづく思い込みから抜け出し、自分に合う学習法を自分で判断できるようになるための考え方と、的を射た努力をして成果につながるためのノウハウをシェアしているというのです。

注目すべきは、本書の「やらない」というコンセプトが、英語の勉強法と非常に相性がよい点。英語の勉強法はさまざまですが、不確かな情報だけでなく、人によっては合う合わない、向き不向きによる部分が大きく、「やらないこと」を知ることによって、自分に最適で必要な勉強法が見えてくるという考え方です。

そんな本書のなかから、学校英語に焦点を当てたCHAPTER2「『学校英語』を無駄にしない」に注目してみたいと思います。

「学校英語」を否定しない

先にも触れたとおり、日本の学校の英語教育は「使える英語を教えない」と批判されがち。しかし、いわゆる学校英語、特に中学英語は体系的にもよくまとまっていて、(音声面で改善すべき点はあるものの)優れていると著者は反論しています。

学校英語に対する批判で特に多いのが、「読み書き中心で話せるようにならない」という意見。でも実際のところ日本の英語教育は、1980年代末からコミュニケーション重視に大きく舵を切っているのだそうです。ひと昔前とは違い、現在の教科書は会話重視なのだとか。

学校は、すべての科目における「基礎」を学ぶところ。そのため、英語に関しては、ある程度の「読む」「書く」「聞く」「話す」(4技能の基礎)以上のことは期待できないことも著者は認めています。しかし重要なのは、大人になってから英語をやりなおそうと思い立ったとき、なんとか取りつく島があること。学校で「基礎」を学んでいるから、それが力になってくれるということです。

従来の学校の英語教育に、音声教育が足りないことは事実。でも、だからといって日本の英語教育に意味がないわけではないという考え方。これまでの学校教育で培った基礎は、私たちにとっての財産なのだというわけです。
http://www.lifehacker.jp/2017/03/170306_book_to_read.html

 

☆基礎を押さえること。1日15分でそれができます。無料。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


基礎英語ができてない人たち

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

普通に会話するだけなら中学英語で十分と言うのは、本当です。しかしながら最近いただくメール等を見ていると、基本的な構文や文法がまるで分かっていないため、簡単な英文も正確に読めない人が増えている気がします。会話重視の弊害と言うか、会話だけを追い求めても会話が上手くなるわけじゃないことをもっと認識すべきでしょう。

「中学英語で十分」は本当だった

英語学習で遠回りをしないために

池田 和弘

2017年3月4日(土)

本当なのだろうか? と思いながらも何か気になるのが中学英語です。書籍などでも、「中学」という言葉が入っているだけで気になるものですし、中学の教科書の英文と和訳を集めただけの本がベストセラーになるようなこともあります。

中学・高校・大学と散々英語を勉強してきて、今ごろどうして「中学英語?」ということなのですが、ここは素直に、それだけ英語で大変な目にあっている人がたくさんいると考えましょう。私もその一人です。

さて、中学英語にまつわる話、本当のところはどうなのでしょう。気になりますね。そこで、今回は中学英語について考えてみましょう。

中学英語の語彙で驚きの表現力

中学英語について考えるには、まず英語そのものを2つの分野に分ける必要があります。それは、語彙と文法です。

まず語彙から考えると、これはさらに2つに分けることができます。available(利用可能である)、contribution(貢献)など高等な語彙と、have、take、on、inなどの基礎的な語彙です。後者が「中学英語」の語彙、正確には「中学レベルの語彙」ということになります。

あなたがもし、ビジネスで通用する英語を身に付けたいとすると、高等な語彙は避けて通ることはできません。もちろん、英語の学習は「何を目的にするか」ということがとても大切ですので、必ずしも何千もの語彙を覚えている必要はありませんが、それでも(中学レベル以上の)3000~4000語程度の高等語彙はあった方が良いと思います(※)。

(※)例えば、社会人として基礎的な語彙を固めたいのでしたら、『SUPER REPEAT方式 こうすれば速く覚えられるTOEICテストの英単語』をお勧めします。1000語少々ありますが、2カ月もあればすんなりと頭に入ります。日本語を利用するので、ストレスがありません。
 高等な語彙力があると、少なくとも相手の言っていることや書いていることが格段に理解しやすくなるので、大きな利点になります。

一方、基礎的な語彙の方ですが、これに関しては、中学英語は馬鹿にできません。例えば、

「When did you learn it?」(いつそれを知ったの?)
「How did it go?」([交渉やプレゼンなどが]どうだった?)
「I think you’re missing a point.」(ポイントを外していると思う)
「I learned it the hard way.」([経験を得るのに]苦労しました=高い授業料を払いました)
「I can’t tell the difference.」(違いが分からない)
等々、使い様によって恐ろしい威力を発揮します。しかも、以上はすべて単語の意味を素直に使っていますが、イディオムを入れると中学英語はさらにパワーアップします。

「Put this English into Japanese, wil youl?」(この英文を日本語にしてくれる?)
「Let’s move up the schedule.」(スケジュールを前倒しにしよう)
「I’ll take care of it.」([仕事の分担など]私がやります)
「I’ll look into it.」([データなど]調べてみます)
高校初歩の単語を使って良いのであれば、表現力は爆裂します。

「We put in a lot of time and effort.」(かなりの時間と労力をかけました)
「I signed up an English lesson.」(英語のレッスンに申し込みました)
「Is this a bad moment?」(今、都合悪いですか?)
「We should always try to meet the needs.」(常にニーズに応えるようにするべきだ)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/skillup/15/093000004/030300038/?rt=nocnt

 

☆英語の基礎が分からず、ずっと空回りをしている人は、これを使ってください。無料です。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語