英語勉強法」カテゴリーアーカイブ

TOEICスコアを上げる名著とは?

 

TOEICというのはまさに対策です。ですから、こういう風に分析をしてよい書籍を選ぶ姿勢はある意味会話学習より重要です。

「役立つ」英語テキスト&「信頼している」著者 ベスト5

スキル 2017.2.19

大高志帆=文 山本祐之(中村澄子氏、ロバート・ヒルキ氏、ヒロ前田氏)、加藤昌人(安河内哲也氏)=撮影 アイブリッジ=アンケートPRESIDENT 2016年3月14日号

公式問題集の正しい使い方
スコアを大幅に上げた読者からの支持も厚いだけに、テキスト選びは重要である。1位になったのは、『TOEICテスト新公式問題集』だ。

「模試的に自分の実力を測る、500~600点の人が本番の練習をするなら公式問題集が一番です。ただし、簡潔な解説しか載っていないので、300点程度レベルの人が『やり込む』テキストとしては不十分。それより先に単語や文法、さらにパート別の学習を先にすべき」(TOEIC対策の指導教室「すみれ塾」主宰 中村澄子氏)

初心者が最初に手を付けるべき一冊ではないようだ。2位『TOEICテスト究極の模試600問』、5位『新TOEICテストはじめてでも600点が取れる!』など、600点を目指す本もランクインしているが、こちらも同様で、基礎的な単語、文法の力をつけたうえで取り組んだほうがよい。

また、どんなテキストも万人に効果があるわけではない。

「結果が出ないのに続けるのは時間のロス。1~2冊を徹底的に解いてみてスコアが上がらないなら、すぐに変えましょう。もし手ごたえがあれば、同じシリーズか同じ著者のテキストをレベル別に追いましょう」と中村氏は助言する。得点アップを達成するには、見切りの早さも肝心なのだ。
http://president.jp/articles/-/21205

 

【無料】TOEICにも効果を発揮する英単語が無料で学習できます。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!


勉強しているつもりで話せない人の落とし穴。

 

↓以下のアンケートにお答えいただくと、無料で英語学習の役立ち情報を数多く見られます。

もし頭でっかちになっているという意識があれば、思い切って違う角度からやってみることがよいと思います。

「知識はあるけど話せない」日本人のための英語勉強法とは

2017/2/17(金)5:00 新刊JPニュース

英語を何年も勉強しているのに、なかなかできるようにならないと悩んでいる人は多いはず。英語の知識はあっても使いこなせない、というのは日本人によくあるパターンです。

自転車の乗り方を本で読んでも、実際に乗る練習をしないと乗れるようにはならないのと同様、英語も文法や英単語を詰め込んで覚えるだけでは話せるようにはなりません。

では、いったいどんな勉強法が有効なのでしょうか。
日本人に英語を教えて30余年のキャリアを持つデイビッド・セイン氏の著書『英語サンドイッチメソッド中学英語編 聞くだけ! 中学3年間の英語がおさらいできるCDブック』(アスコム刊)からそのポイントを紹介します。

■中学英語はマスト

英語を話せるようになるには「知識よりも実戦」、とはいえ英語を使う上での基本的なルールは頭に入れておかねばなりません。

そのために、中学英語をおさえるというのは大正解。英会話に必要な要素はすべて中学英語にまとめられています。中学英語をひととおりやり直せば、英語は確実に使えるようになります。

■耳を鍛える

英語は耳から覚える言葉と言われているのをご存知ですか?日本人はとかく書いて覚えたり、読んで見て覚えたりしがちですが、実はそのやり方は、英語においては、非効率。

スペルが同じでも発音が違っていて、聞き取れない、話せない・・・いうこと、よくありませんか?英語で会話できるようになりたいなら、とにかく音から!耳を鍛えましょう。

単語やフレーズはもちろん、用法も耳で覚えるようにすると、やればやっただけ、英語が聞き取れるようになります。効果を実感できればモチベーションも上がり、「もっと聞き取れるようになりたい」と思えるはずです。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2646769

 

☆無料で学べる実用的な英単語と英語表現集。

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!