英語勉強法」カテゴリーアーカイブ

「レガシーツール」を知る強さ

 

おはようございます。

夜の無料オンライン面談が1つ終わった後でこの文章を書いています。

ここ数週間、ビジネスのことばかり考えることが多かったので、少しマニアックな本を読んでいました。「英語と日本軍」という本です。

 

ご存知の方も多いと思いますが先の戦争で英語は「敵国語」として排斥されました。しかし、戦争のための作戦・情報収集等のために相手国の言語を知ることは不可欠でもあります。

 

そのあたりの真相はどうなっていたのか?

 

・・・ということを史料をもとに研究した本で、とても読み応えがありました。

英語に詳しい将校が組織の中で冷遇されていた事情や、対戦国が多すぎて語学的なカバーがほぼ間に合わず終戦を迎え、そしてそのことが終戦後の社会や英語教育にもどう影響を及ぼしたのか、など。

 

内容的に私の仕事にも関わるものですし、なにより私は戦史マニアなので興味深く一気に読めました。

なにしろ私の父親は現在86歳で実際に先の戦争での空襲などを実体験しているため、小さい頃から話を山ほど聴いてきたためです。

 

組織の中で、判断をいとも簡単に誤りそうになる日本人の特質も見える気がして、
読み物としての面白さもさることながら、同時に感じたのは

「英語上達法の根幹は今も昔も変わらない」
「むしろ昔の情報や歴史を知ることの方が役立つ」

ということです。

 

先日勉強していた別のビジネスセミナーで講師の方が「レガシーツール」という言葉を多用していました。

 

新しいものを追うのではなく、定着した古いと一見思える方法(legacy)を追求することで抜きんでることができる。

 

これはまさに、英語においても同じです。

 

最近はAI(人工知能)について語られることが多いですが、たとえば将棋などを見ても分かる通り、歴史上に残る過去の棋譜のデータをインプットすることでAIがあれほど強くなった、という事実が証明しています。

 

どんどんテクノロジーが進化する中ですから、ついつい新しい物の中から魔法を探そうと私達はしてしまいがち、です。

しかしそうではなく、レガシーの中にこそ、答えとなるヒントが散りばめられているということを改めて知っておく意義がありそうです。

 

このときの時代に、何か気づきが埋まっていないか?

この時代の人に、ヒントになる生き方があるか?

 

そんな風にアンテナを、立てていくことです。

 

あなたには最近何か気づかされるような本や情報がありましたか?
もしあれば、ぜひこのメールの返信か、こちらのフォームからシェアして下さい。

http://catiksp.net/archives/2102
(件名は「レガシーツール」で)

 

では、またメールします。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
今日も良い1日になりますよう。

西沢知樹

 

☆明日まで限定:この「雪が溶けて雪崩になるような」英語ノウハウを入手された方に、10800円分の弊社英語教材を無料でプレゼントします。 

 


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

必要な英単語の覚え方。

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

英単語を覚えるというのは頭痛のタネの1つですよね。こういう参考情報は役に立ちます。

「英単語」はどこまで暗記すればいいのか
何でも説明できるようになるには?

スキル 2017.9.4
ジャーナリスト 野澤 正毅
PRESIDENT 2016年3月14日号

英単語はいったい何語覚えたらOK?

英単語といっても星の数ほどある。ビジネスマンにとって必修の英単語がわかれば、とても助かるのだが、何かいい手はないか?

「Oxford Advanced Learner’s Dictionary」を勧めるのがジーエルアカデミア代表取締役の塚本亮さんで、「このサイトには、英英辞典に使われている3000語が掲載されていて、それらをすべて覚えれば、基本的に英語で何でも説明できるはずです」という。

また、児童英語研究所社長の船津洋さんは「大卒のミドルなら、4000語は覚えたはず。それらを使いこなせれば十分です」といい切る。

「ただし、英単語が持つ“価値”を理解することが肝心。たとえば『I run over the papers.』の『run』は、“走る”ではなくて“目を通す”ということ。『run』の持つ『サーッと動く』という単語の価値がイメージできれば、日本語訳を暗記しなくても、意味が掴めるようになります。それには、多くの英文を読み、英単語のさまざまな使い方を知る必要があります」

船津さんによれば、使えるのが4000語なら英検2級、7000語なら英検準1級のレベルだそうだ。

覚えた英単語を会話で使えない理由は?

学生時代には英単語の書き取りテストが得意だったのに、「いざネイティブに英語で話しかけてみると、意味が通じない」という人がよくいる。英語の達人たちによれば、「実用英語とかけ離れた、日本式の学校英語にとらわれている」ことが要因のようだ。脳科学を長年研究してきた元帝京平成大学教授の後藤秀機さんは、「単語帳で覚えた英単語の意味は、実際の会話ではほとんど役に立たないことも多いです」という。
「学校で習った英語は、読み書きで使う文語なので、口語としては使いにくいのです。同じ単語でも、会話では違う意味で使うこともあります。たとえば、『Do You have a bathroom?』といわれたら、『あなたはトイレを持っていますか』と質問されたのではなく、『トイレはどこですか』と聞かれたのです」

船津さんは、「『I’m in on it』という台詞は訳しにくいですが、何かについているという『on』のイメージをつかめれば、『オレも一緒にやるよ』といった意訳ができるのです」と話す。

そもそも英語と日本語は本質的に違う。「単語対単語で置き換えず、『go to bed』は“寝る”といった具合に、単語の塊で覚えるのも手です」と、塚本さんは勧める。自然科学研究機構生理学研究所教授の柿木隆介さんも、「無理に和訳せず、英語のままのほうが、意味がわかるケースも多いですね」という。
http://president.jp/articles/-/22943

 

【無料】「英語で考えよう」とすると、なぜうまくいかないのか?その原因と本当にうまくいく方法を無料で公開中。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。



☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。