英語表現、英語構文」カテゴリーアーカイブ

この意味分かる?「It’s a must.」

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 
From:朝香豊

英語表現”a must”

It’s a must. ってどんな意味かわかりますか。

ここで用いている must は、前に冠詞の a がついていますから、もちろん数えられる名詞ということになりますが、助動詞の must から派生したものだと考えて大丈夫です。

「必需品」とか「絶対に手に入れるべきもの」のような意味で使います。

ですから、It’s a must.は、「それは絶対に手に入れるべきだよ」という感じです。

must は形容詞としても用いることができます。といっても「マストアイテム」なんかはほとんど日本語になっていますから、こう言われても恐らく抵抗ないんじゃないでしょうか。

must は他の語とくっついて、(つまり複合語となって、)名詞や形容詞になることもあります。

例えば、must-read といえば、「必読文献」という名詞になったり、「必読の」という形容詞です。

ところで、この複合語の read の部分ですが、発音は「リード」でしょうか、それとも「レッド」でしょうか。

要するに、原形だと考えればよいのか、過去分詞形だと考えればよいのかということです。

惑わす言い方をしたのでかえって混乱したかもしれませんが、助動詞の must の使い方の延長で考えてみてください。

助動詞の後は原形がくるはずですから、「リード」が正解です。

同様にして、must-see とか must-do とか must-have とか must-win とかといった表現があります。それぞれの意味は想像がつくと思います。

では「絶対手に入れるべきもの」が a must なら、「やってはいけないこと」は何といえばよいでしょうか。

a must の類推から a mustn’t だと考えたくなるかもしれませんが、 残念ながらちょっと違います。

答えは a don’t です。

a don’t なら「やってはならない」ではなくて、「しない」ではないのかという疑問が起こるかもしれませんが、そこで思い出して欲しいのは否定の命令文です。

否定の命令文は当然「やってはならない」という意味ですが、Don’t から始まりましたよね。これが起源だとわかると、納得してもらえるのではないかと思います。

ちなみに a don’t の複数形は don’ts ですが、この don’ts の延長線上で do’s (やるべきこと)という表現も見かけます。do’s and don’ts という言い方で「やるべきこととやってはいけないこと」という決まり文句で使うことが多いです。

do’s は dos と書くこともありますが、p’s and q’s のところで説明したことと関係しますが、普段名詞としては用いない do の複数形であることをはっきりさせるためには、アポストロフィーをつけないとわかりにくいので、通常は do’s と書きます。

dos だと MS-dos を思い出してしまう人もいるんじゃないでしょうか。(古い!)

MS-dos を一応説明しておきますと、ウィンドウズの前のコンピュータを動かすためのシステムで、オタクの人でないと動かすのが大変でした。Microsoft Disk Operating System の略です。

how many files(0-15)? という意味不明の文が真っ黒い画面に浮かび、どうしていいのかわからずにおろおろしたのが思い出されます。

かなり脱線して、失礼しました。

do の複数形が dos よりも do’s の方がいいという話でしたね。

さて、do の複数形が do’s の方がいいからといって、don’t の複数形を don’t’s にするのはかえって変ですからやらないでくださいね。(やるわけないか)

ではこの表現を用いて、「ウェブデザインでやっていいこといけないこと100」って、何ていえばいいでしょうか。

100 do’s and don’ts in web design という感じです。

ちょっとは知識が増えたでしょうか。

朝香豊

 

☆最終延長決定!秋に魔法の英語表現が手に入る最後のチャンス。

 

朝香豊
英単語研究家、学習塾大学受験IRL創設者。英語教育の水準をあげるべく、英単語を丸暗記するのではなく、言葉1つ1つにの奥にある論理とイメージを大切にする指導が人気を呼んでいる。「澄みわたる英語」主宰。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


誰々さん、って英語でなんて言うの?

 

よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

こういうちょっとした言い回しを英語でどういうのかっていうのは、なかなか機会がないと知ることがありませんよね。ですからこんな情報に接するときには大事に記憶に入れたいところです。

「ナントカさん」を英語にすると?

筆者が学生の頃は、親が「ほら、あれ!?なんだっけ、あれ、あれ!」と「あれ」を連発しているのをバカにして笑っていたのですが、すっかり自分もそんな年頃になってしまいました。とにかく人の名前が思い出せない。「あのドラマに出ていた、ナントカっていう女優」とか、「取引先で前に担当だったナントカさん」とか、ひどい「ナントカ病」です。誰かに本当になんとかしてほしい。

この「ナントカさん」というのを英語にすると、Mr. So-and-so〔男性〕とかMs. So-and-so〔女性〕と言うのですが、先週、研修中に「なんとか病」が発症して思わずMr. So-and-soを使ったら、その場にいた研修生たちに妙にウケてしまいました。と言っても笑われたわけではなく、すごくこの表現が気に入ったようなのです。語呂がよくて覚えやすいのだとか。

こんなふうに同じ単語を繰り返す表現は簡単に覚えられそうなので、ほかにも教えてほしいと言われました。今回は、そのときに紹介した表現をまとめてご紹介します。

体の一部を合わせる表現

この連載の一覧はこちら
まずサッと思いついたのが、体の一部を表す単語が繰り返される表現。たくさんありますが、どれも本当に覚えやすいと思います。

hand in hand 手を取り合って
face to face 面と向かって
back to back 背中合わせに

という表現などはぜひ覚えておくといいでしょう。

自分とほかの人の体の同じ部位同士がくっついたり、向かい合ったりしている様子を描写した表現ですよね。ほかにもarm in arm(腕を組んで)などもあります。例文で見るとさらにイメージが湧くかもしれません。
http://toyokeizai.net/articles/-/185632

 

【無料】安倍首相の通訳も務めたことがある人の提唱する英語マスター術を無料で公開中。

 

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。


☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、それぞれ1日1回のクリックをお願いします!
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語