英語・学習関係(西沢知樹)」カテゴリーアーカイブ

あなた独自のリピートを作ること

 

From:西沢知樹

もう20年以上になるでしょうか、学生時代からずっと読み続けている1冊の新書本があります。

渡部昇一先生が書かれた「知的生活の方法」という本なのですが、この本はまさに私の人生を変えました。途中いろいろと回り道はしましたが、いま、この本で描かれているような理想の人生に近い毎日を送れていることも何かの縁なのかなと感じています。

この本の中に「あなただけの古典」という一節がでてきます。どういうことかというと、本でも教材でも、本当に良いと感じるもの、自分にとってしっくりくるものは繰り返し読み、繰り返し触れたくなるもの。そして、そんな風に繰り返せるものと1つでも多く出会えることが、読書や知的活動の喜びなのだ、と。

a1130_000080

意見の相違はあるかもしれませんが、脳をフル稼働させる以上、私は語学もビジネスも知的活動の一種だと考えています。ですからそのような活動の中で「繰り返し触れたい」と思うものに出会えるかどうか、ということはキーになってくるのではないでしょうか。

たとえば、ビジネスや経営で、何度でも読み返したくなる1冊の本。英語学習など語学で言うなら、時折何度も読み返す英語学習書や教材。そういう出会いがあれば、あなたのパフォーマンスは上がり、同時に誰でもが放っておくとただ下がってしまうモチベーションというものを高め続けてくれることになります。

あなたにとって、繰り返したくなる本はありますか?教材はありますか?もしまだないのなら、これから先「繰り返したくなるだろうか」という視点で様々なものに触れていくと良いかもしれません。1つ何か具体的なものに出会えた瞬間、あなたの人生はそのときから彩りを増すことでしょう。

西沢知樹

☆ここは、繰り返し利用することであなたの英語を磨ける場所です・・・

 

西沢知樹
有限会社ケイティクス代表取締役。英語学習メールマガジン「ねいたん」「あっというま英語」発行責任者。実践英語ナビゲーター。マーケティングコンサルタント。「シャッフルマーケティング」主宰。
発行部数25000以上の「ねいたん」「あっというま英語」代表発行人。オンラインマーケティングとビジネス自己啓発メルマガ「シャッフルマガジン」発行人。10年以上の長きにわたりオンラインで英語学習情報の発信を続ける業界最長の発信者の1人。著書に「英語美人」(サンマーク出版)

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!


あなたの儀式はありますか?

 

From:西沢知樹

もう、多少古い話題になるのでしょうが、ラグビーW杯で活躍された五郎丸選手のことは今でもご記憶の人は多いのではないかと思います。キックなど重要なプレーの場面で両手の指をクロスさせる仕草は少し流行にもなりましたね。

ただこういうことは、アスリートの方たちだけに効果があるものではありません。何か特定のモードの自分、何かに集中するとか、作品を書き始めるとか、はたまた英語を話そうとするときや学習に入ろうとするときでも構いません。

必ず毎回「これをするときには、始める前にこの仕草をする」ということを習慣づけます。すると次第に、逆に仕草をすることによってその物事を集中して行うモードに自分を切り替えることができるようになるのです。これは、NLP(神経言語プログラム)という心理学の一種において「アンカー」という名前がつけられたテクニックで、あらゆる場面で使えます。

a1380_000303

別に変わったポーズを取る必要はありません。必ず右肩を回すとか、そんな簡単な仕草で構いません。いま書きながら思い出しましたが、そういえばあのイチロー選手も、バッターボックスに入るときには必ず同じ仕草をしていますよね。

忙しくて、本来やりたいことに集中できない。そんな人は多いと思いますが、もしあなたがそういう状況の中に少しでもいるなら、この仕草による「儀式」の考え方を取り入れてみて下さい。内面の変化は集中力の変化も生むものですので、おもしろいことが起こる可能性は高いです。

西沢知樹

☆もう、これは見ましたか?本日で受付終了の「効く英語」だけが集まった凝縮ノウハウ。プロのネイティブ音声付き。

 

西沢知樹
英語学習メールマガジン「ねいたん」「あっというま英語」発行責任者。有限会社ケイティクス代表取締役。実践英語ナビゲーター。マーケティングコンサルタント。
発行部数25000以上の「ねいたん」「あっというま英語」代表発行人。オンラインマーケティングとビジネス自己啓発メルマガ「シャッフルマガジン」発行人。10年以上の長きにわたりオンラインで英語学習情報の発信を続ける業界最長の発信者の1人。著書に「英語美人」(サンマーク出版)

 

☆良かったら、この記事のシェアをお願い致します
Share

☆ブログランキング、1日1回のクリックをお願いします!