英語・学習関係(西沢知樹)」カテゴリーアーカイブ

それ、読んでどうするの?

西沢知樹:
神戸のオフィスから・・・

西沢写真

大学生の頃ですが、あまり出来がよくない学生というか、講義にでるのはあまり好きではありませんでした。どちらかというと英語サークルでの活動の方に身が入っていたり、あとは、図書館であれこれと興味のある本を読みあさるのが楽しかった覚えがあります。ある日、同じサークルの同級生が私が本を読んでいるところに通りがかって、いぶかしげな顔をしてこう言いました。「ねえ。なんでそんな本読んでるの?それ、読んでどうするの?」

答えは1つしかありません。「面白そうだったから」 言い換えるなら、なんだか分からないけれど興味関心を引かれたから、ということになるかと思います。けれどその同級生からしたら「授業や単位にもまったく関係のないような本を引っ張り出してきて時間を使って読んで、いったい何の役に立つのか」というように思ったのでしょう。それで上記のような質問になったのだと思います。


その後、それなりに長い時間が経過して、世の中に出てみてから、年代や職業に関わらず、誰もがこの2つの考え方のどちらかに立って日々暮らしている、ということを知りました。つまり、「何か役に立ちそうな本なら読む」というタイプと、「役に立つ立たないに関わらず面白そうと思ったものを読む」というタイプです。一見、前者の方が取捨選択をしているので、人生の目的に速く到達できそうに見えますが、実はそうではなかったりします。なぜなら、人間の脳というのは、一見関係なさそうな情報を複数つなぎ合わせる効果があるらしく、それゆえ役に立たなさそうな材料がたくさん詰まっていることによって生まれる効果というのが期待できるからです。この点をふまえれば、「役に立たなさそうなものを読む」ということの意義がより分かり易くなると思います。
(☆事実、私がこのマンツーマン英語サポートサービス のアイデアを思いついたのも、ぜんぜん関係ない小説を読んでいる最中に近所のスーパーに出かけたときでした)

英語上達の世界でも、よく洋書や洋画など、「英語上達に役立つものを教えて下さい」と聞かれます。しかしそれに対しては私は「自分が面白いと思うもの、興味があるものを選べばそれでいいです」と答えています。理由はもうおわかりだと思いますが、このときに、普段から「役に立つもの」にしかフォーカスしていない人は困った顔をします。逆に普段から「面白いと思うもの」に触れている人は「そうか!」と感じ入って行動に移してくれます。普段の行動や思考の習慣が英語上達にも関連してくると言うことでしょう。

できれば早いうち、今のうちに、自分の意識に「役立つ」だけでなく、「面白い」というセンサを取り入れていってみてください。毎日がより充実するだけでなく、結果的にとても「役に立つ効能」を与えてくれることうけあいだと思います。

西沢知樹

☆☆ここには大量(価値にして47万)の情報があります。だからあなたにとって「面白い」あるいは「役立つ」ものが見つかるでしょう。

47万相当の英語教材を無料で配布中。特別条件は明日まで!


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

おかしな奴になろう(何か1つは)

西沢知樹:
神戸のオフィスから・・・

西沢写真

「なんで、マネするんですか?」焼鳥屋のカウンターで、仕事でお世話になっている士業の先生と一杯やっていたときに、不意にそう聞かれました。ちょうど会話が、お互いの共通の知り合いの男性についての話題になっていたのですが、そういえばあの人がこないだこんな話をしていた、という様子を伝えるときに、私の話し方がその男性のような風に急に変わっていたのでモノマネをしているような感じに写ったのだと思います。

思えば、これは私自身のクセというか、昔からそういうところがありました。一種の「なりきりグセ」と言うのでしょうか。海外旅行で現地のガイドさんの少し訛った日本語を聞きながら会話するときには、なぜか自分自身が同じなまりになってしまったり、学生時代に英語クラブで会話のスキットを練習するときにもやたらキャラの感じになりきってしまうようなところがありました。(英語クラブの中には英語劇を専門にするメンバーもいましたが、普段にそんなことをやっている人はいませんでした)なので、「西沢はちょっと変わったところがある」と思われていたようです。今も、息子に絵本を読んであげるときに、気に入った絵本であれば登場人物複数をそれぞれなりきって読んだりしています。妻からは「とてもそんなんよーせんわ」と呆れられていたりします。

しかし、後々これは語学の能力を高めるのには非常に効果的な姿勢なのだということを知りました。DVDどころかテープレコーダーもない戦前・戦中の時代にドイツ語を学び教えるようになった東京外国語大学名誉教授の藤田五郎氏は、毎日自分の下宿に帰ると食事時にドイツ語で一人芝居をしたそうです。おかずのはんぺんをつつきながら「奥様、これは私が釣ってきた魚です」、水をつぎながら「これは1920年代の貴重なワインなんですよ」などなど。そういう行動の繰り返しが藤田氏を語学のプロにする一因であったことは間違いないでしょう。(ですから、この無料英会話フレーズ も、同じようななりきりをして読んでみることで効果は倍増するはずです)

ともあれ、上記のようななりきりの姿勢にしてもそうですが、とにかく言えるのは何かしら他人から「ちょっと変わっている」「おかしなところがある」と思われるようなところを1つくらい持った方がずば抜けた結果を出しやすい、ということかもしれません。誰からも何も思われないような当たり障りのない人であっては、何もつくることができないかもしれないのです。

もしあなたに何か「おかしいと思われる」ような部分が何かあるなら、それはあなたを大きくブレークさせてくれるチャンスであるかもしれません。1つや2つ、おかしなところを堂々とつらぬけるように、また他人がそうすることを認めてあげる毎日にしたいものです。

西沢知樹

☆これもまた「なりきり」で大きく成果がでます。

英語教師25年間の集大成を無料で入手できる場所とは!?


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。