英語で有給休暇。

権利として持っているものをさらりと表現することは知っておく必要がありますね。

さて、今回の英語レッスンは「会社で休暇を取得する際に便利な英語表現」です。まずは計画的な有給休暇をとるときには上司にこのように言いましょう。

May I take a vacation from October 5th to 7th?
(10月5日から7日までお休みを頂いてもよろしいでしょうか?)
あるいは、

I would like to take a week off.
(1週間お休みを頂きたいです)
また、急な休暇申請をする場合には以下のように伝えると丁寧でしょう。

I am sorry for the short notice, but I would like to take a day off tomorrow. Could you approve?
(急なお知らせとなり申し訳ありませんが、明日お休みを頂きたいです。ご承認頂けますか?)
short noticeは「(直前の)急な知らせ、急なお願い」です。take a day offで「一日休暇を取る」となります。

さらに連休の場合には「~days off in a row」となります。
例えば、5連休の休暇を取る場合には、”I have 5 days off in a row.”といいます。

今回私のように病欠で休暇を取っている場合は、以下のように同僚が話すかもしれません。

I haven’t seen Eiko for a few days.(ここ何日か英子を見かけないですね)
She is on sick leave right now.(彼女は病欠でお休みを取っているんです)

何か家庭の事情など、急用で止むを得ず休まないといけない状態の場合には以下のような表現を使います。
https://news.nicovideo.jp/watch/nw3966141




☆1日3名限定。英語が口から出てくる「スイッチ」が身に着く

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA