さりげなくビジョンで巻き込む。

ニコニコ自然に、人を巻き込んでいけたら最高ですね。こんな「夢」の使い方は、暑苦しくなくて好きです。

夢―――。
この言葉を耳にしたとき、あなたはどんな感想を抱くでしょう。
昭和のポップスや演歌の歌詞じゃあるまいし。
我々はもうそんなことを語る年齢でもあるまいし。
判で押したように封切られるハリウッド映画の邦題で十分さetc…
ビジネスの世界で日々タフに働いている方ほど、その甘い言葉の響きに、ちょっと抵抗を感じてしまう向きは多いかもしれません。
しかし、『感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得』の著者・唐池恒二さんは仕事の現場を駆け回っていた若かりし時代から、夢という言葉を機関銃のように用いています。
外食産業の時代には赤字を克服し、黒字を達成することが夢。
黒字を達成したら、東京に進出を果たすことが次の夢。
そしてまた、東京で黒字を達成することが次の新しい夢。
時を経るなかで次々と更新されていった夢は、やがて、
「世界一を目指すことなくして、日本一にはなれない!」
こんなセリフとともに、世界一の豪華列車を目指すプロジェクトにまで上り詰めることになりました。
そんな壮大な夢であった「ななつ星in九州」の就航が果たされてからはや5年。
数々の場面で、夢を更新しつづけてきた唐池恒二さんと水戸岡鋭治さんの特別対談の後篇である第4回、第5回では、夢を果たしていったプロセスとなおも溢れ出る新たな夢が語られます。
あなたも「果たすべき夢に気づいていないだけ」なのかもしれません(!)。
では、どうぞ。(編集・構成/ソメカワノブヒロ)
https://diamond.jp/articles/-/183900




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA