ちゃんと休めるようになっておく。

「自分の休み方」をちゃんと持っておくことは大切ですね。

仕事はのっている時にこそ中断する▽仕事を離れ別のことに没頭して息抜きをする▽散歩や昼寝をうまく取り入れる▽週・年単位でエクササイズし、休暇やサバティカルをとる――。

その理論はシリコンバレーで培ったものだ。ペンシルベニア大学大学院で科学史を専攻し、Ph.D.を取得。その後、長年シリコンバレーでテクノロジー系のコンサルティングをしてきたが、自らのサバティカルをきっかけに「休息」のもたらす効果に関心がわいた。

進化論のダーウィンは90分の「仕事時間」を1日に3回繰り返していた。スティーブ・ジョブズは「ウォーキング会議」で歩きながら協力者を口説いていた。村上春樹は小説家になってから長距離走を始めた……。成功者の「休息」を分析して16年に『シリコンバレー式 よい休息』を出し、休息コンサル業「レストフル・カンパニー」を始めた。

シリコンバレーを、パンは「自分がどれほど仕事をするかにプライドを持っている場所」と表現する。「成功したければ、長時間働かなければ」と考える人が多いだけでなく、起業家を支援するベンチャー・キャピタル側も「長い時間働かない起業家には投資しない」と考えがちだ。「起業家にとって成功とは、短距離競走のようなものなのです」

そんな文化の中で、「休息」は「仕事から逃避するためのもの」として過小評価されてきた、とパンは言う。「休息は『仕事をしない』ことではなく、戦略なのです。それを知ることで、会社は長時間働かなくても生産的になり、利益を上げられるようになるのです」
https://globe.asahi.com/article/11920849




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA