あのふるさとに帰ろかな~

西沢です。

こういう仕事をしていると面白いことも
時々あるもので、

何年か前に、ニュージーランドの人から連絡があり

「日本の歌の、歌詞を英語にしてほしい」

という依頼がありました。

なんでも以前に日本に少しいたことがあり、

その時に耳にしてとても印象的なメロディだったので
歌詞の意味が知りたいということでした。

そして、動画で渡された曲があの

「北国の春」

一定以上の世代にはいわずと知れた(笑)
歌謡曲の名曲です(メロディ的に「演歌」ではないですよね?)

で、スタッフと一緒に歌詞を確認しながら
あれこれと進めていたのですが、

冒頭近くの

「こぶし咲くあの丘北国の」

という箇所で、「こぶし」って、何だ?

と止まってしまいました。

こぶし=拳=fist

だったら全然意味が通らないしな・・・と
あれこれと検索していたら、

「こぶし」という花があることを知りました。

(通常は「こぶしの花」という言い回しで使われることが多いみたいです)

へー、と日本語において新しい発見をしつつ、
無事英語に訳してお渡しすることができました。

それにしても、今回この文章を書くためにあらためて

「北国の春」

を聴いてみたのですが、まさに名唱と言うか、

全身全霊、エネルギー全てを注いで歌っているという感じですね。

時代を問わず、ヒットした曲と言うのには
歌い手さんの魂やエネルギーが高く込められている気がします。

今日から、久しぶりに公開するこちらのパッケージでは、

私自身のこれまでの15年以上の英語のプロとしてのキャリアの
すべてを詰め込みました。

言うなれば、分身のように私自身の全部のエネルギーが
こもっています(文章も新たに書き下ろしました)

https://catiksp.net/pf/p-package/

熱唱した後のいい気分のような、そんな安心感をきっと
感じてもらえると思いますので、一度見てみてください。

https://catiksp.net/pf/p-package/

PS
同業者にこのときの話をしていたら、

「歌謡曲好きの西沢さんのところにこそ、と
何かが引き寄せたんじゃないですか」

と、言われていました(笑)

PPS
この人からはもう1曲歌詞の英語化を頼まれたのですが、
もう1つは甲斐バンドの「安奈」でした・・・

なんとも味のあるチョイスです・・・

https://catiksp.net/t/12d2a




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA