大食い対決と英語の意外な共通点とは?(本日終了)

西沢です。

こちらの

「私の、全てのエネルギーを込めた、英語を征服するパッケージ」

ですが、

今日いっぱいで公開が終了ということで、
反響が続々届いています。

https://catiksp.net/t/0dc0c

「魅力的です」
「ぜひ今度こそやりとげたい」

そんな声をどんどん頂いているのですが、

このパッケージが、なぜ、他の英語教材より
魅力的だと思ってもらえるのか、

その理由が、テレビは、最近はYouTuberの方も
よくやっている

「大食いコンテスト」

と似ているな、とふと感じました。

どういうことかというと、

大食い番組でやっているような物凄い量を、

私達はふつう食べることができません。

それはもちろん、分量自体の多さと言うことも
あるでしょうけれど、

それだけじゃなく、

「同じものを食べ続けるという苦痛」

という面もあると思うのです。

以前見たやつでも、生のキャベツをひたすら
食べ続ける、というのがあって、

参加者の一人が

「キリギリスじゃないよ!」

と怒っていましたが(笑)

でもこれは、世間のいわゆる有名な英語教材と
同じことです。

単一の、同じものを、やり続けなければいけない。

・・・これは「苦痛」です。
だからみんな、続かないのです。

対して、今回のパッケージは、バラエティにあふれています。

https://catiksp.net/t/0dc0c

お料理で言うなら、寿司、イタリアン、中華、スイーツ・・・

と、いろんな異なる角度の食べ物がふんだんに
あふれるくらいに提供されています。

ホテルのバイキングや、朝食のビュッフェやサラダバーで、

ついつい食べ過ぎた、という経験はないでしょうか?

いろんなものがそろっていると、ついつい
好奇心で食べ過ぎてしまう、という感覚ですね。

食べ過ぎは身体によくないですが、

学び過ぎ、ということはありません。

むしろ、いいことです。

このパッケージで好奇心が刺激されて、
楽しくて、どんどんやってしまう。
https://catiksp.net/t/0dc0c

そんな状態になったら、理想的だと思いませんか?

いま、あなたはそんな理想的な状態になれる

1歩手前まで来ているのです。
あとは、扉を開けるだけです。

少しの勇気で、扉を開けることで、新しい世界が開けます。

今日、ここをクリックして、今までと全く違う世界の扉を開いてください。

https://catiksp.net/t/0dc0c




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA