たった3分で号泣(まもなく終了)

西沢です。

友人のブログで面白いことが書いてありました。

その友人はリラクゼーションサロンをやっていて、
その関係の大きなパーティ(ホテルの宴会場でやるような)
に、出席していたそうです。

そこで毎年、彼の師匠に当たる人がスピーチをするのですが、

いつも一時間くらい話すのに、この日は
体調が悪くて、5分くらいで切り上げられたそうです。

毎年一時間の話になれている友人は、

「もうちょっと聞きたかったな」

と思ったそうですが、

ふと隣を見ると、

号泣のように涙を流している女性がいました。

そこで、

「ああ、人の話って、言葉数や
話の長さはあまり関係ないんだな~

ついつい、時間の長さとか、
いい話をしようと言葉数を
増やしたりしがちだけど、
その数と
満足感、感動、感謝、感激は
イコールではないんだな!と。

例え、
一言でも心や魂が震わされると人は号泣するほど感動するんだな!と

その人に響くかどうかなんだな!
そして、同じ話を聴いていても、
響く場所がそれぞれ違うんだ!」

・・・と、思ったそうです。

とても興味深い話なので、

ぜひあなたにもお伝えしようと思った次第です。

思えば、英語もおなじですね。

ついつい

上手な英語=長く話すこと

だと考えがちですが、本当はそんなことはありません。

短いフレーズで相手のココロに刺さる言葉を言える方が、
ダラダラ長く話そうとするより大切です。

また、長く話さなければと思って、無理をする必要も
全くないのです。

もうすぐ(今日の夜半)リンクを閉じる予定の
こちらの「自宅留学」の英語ノウハウでは、

https://catiksp.net/t/105c5

そんな風に、小気味よい短い英語フレーズのつくり方についても、
学ぶことができます。

もし興味があれば、今日中にここをクリックしておいてください。

https://catiksp.net/t/105c5

PS
その友人とは、私が神戸に引っ越して、子供が産まれてから
ずいぶん長いこと会っていなかったのですが、

好きなこと、やりたいことに出会えた様子で、良かったなと
ブログを見て素直に思っていました。

やりたいこと、生きたい人生につなげてくれるスキルを身に着けたいですね。

https://catiksp.net/t/105c5




☆1日3名限定。英語が口から出てくる「スイッチ」が身に着く

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA