周りにこんな人、いませんか?(本日終了)

唐突ですが、あなたの周りにこういうタイプの人って、
いませんか?

2人か3人でご飯行こうっていう話になった。

何がいいか話してて、その時は特に何も言わなかった。

そして例えば中華料理に行ったとして、

食事がすんでお店を出たときくらいに、

「私、ちょっと今日は中華キツかったんだけど…」

↑いや、だったら先に言ってよ!

みたいな感じの人です(笑)

わりといますよね?
こういうタイプをAさんとしましょう。

日本語の世界で、Aさんみたいな人は、

ちょっと扱いが難しいな~と思うかもしれません。

でも、これが英語と言うことになると、

結構ほとんどの日本人が、Aさんみたいになってしまうのです。

「なんで言わないの?」

は、英語圏では、日本語の世界よりもっとキツく存在します。

言わない=ゼロ 意見なし

と、同じ。

でも、「言わない」日本人多いです。

「まだ自分はそんな英語うまくないし・・・」

「英語がうまくないのに言うのは悪い」

とか。

いいですか(ここ重要)

この「言う」という姿勢、めちゃくちゃ大事!です。

特に英語力がまだないときでも、

「言う」と決めておくとそれだけで英会話の力も上がります。

このことも、
英語の知識しか教えられない英語の先生は
教えてくれません。

けれど、実際に英語を話す上で、

「言う」という姿勢をはじめから持つかどうかで結果は雲泥の差になります。

今日で公開終了のこちらの英語ノウハウでも、
「言う」自分をつくる方法が散りばめられています。

https://catiksp.net/t/13f49

相手にちゃんと「言う」

そう決めたうえで学習を続けるようにしてみてください。

PS
「言う」を実行していると、
だんだん自分の意見というものをはっきり持てるようになってきます。

つまり、イコール、「生きやすくなる」のです。

PPS
この英語ノウハウを「自分を好きになれる方法ですね」

と言った人がいたのも、そういうところからきているのでしょう。

https://catiksp.net/t/13f49




☆1日3名限定。英語が口から出てくる「スイッチ」が身に着く

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA