正解探しをし過ぎない。

時々いただく質問で、

「A先生の本にはこういうやり方がいいと書いていましたが、

B先生の教材ではああいうやり方の方がいいと書いてます。
どちらが正しいのでしょうか?」

というような文脈のものがあります。

昔、私が趣味でやっていたダンスのワークショップで
アメリカに行った時、

南米アルゼンチンから来ていた講師の人が

同じような質問をされてこう答えてました。

“Every teacher is a different textbook.”

・・・そういうことです。

英語学習の方法にも「1つの正解」というのはありません。

ありませんので、それを探すことに時間を費やすのは、
「時間のムダ」

なんですね。

いろいろな方法論がある中で、自分にしっくりきそうなものを
実行していく。

そうする中で、次第に、

「自分専用の上達法」

というのが確立されてきます。

英語に限らず、
「スキルアップ」というのは全てそういう仕組みでできています。

スポーツにせよ、

楽器にせよ、

料理とかマッサージでも、同じです。

おそらく、1つの正解を探そうとするのは、
受験勉強の影響によるところが大きいと思いますが、

実際の社会と受験が違うように、

現実のスキルアップは、テストの様に1つの正解があるわけではないのです。

今日から限定公開しているこちらの英語ノウハウでは、
https://catiksp.net/t/000bf

英語会話の原点の部分「だけ」に焦点を絞ってありますが、

これがあなたにとっての正解かどうかは、
実際に目を通してみることでしか、分かりません。

自分だけの上達法=自分だけの正解

を、作り上げていく道筋。

そのために、今回のノウハウがしっくりくるかどうかを、

ここをクリックして
ぜひあなた自身の目で判断してみて下さい。

https://catiksp.net/t/000bf




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA