生きづらさが無くなる「スルー力」

学生の頃、こんなことがありました。

同級生のアパートに何人かで遊びに行き、たまたまそのときに同級生の実家から野菜が送られてきていました。

おじいさんが作ったそうで、自家菜園だから形が多少いびつでした。別の友達が「変わった形してるな~」

すると同級生は「お前ウチのじいちゃんバカにすんのか!」と怒り出したのです。

別にその友達は、形が少し変わっているという感想を言っただけなのに、それを「作った人を否定している」と受け取ったのでしょう。

最近のことですが、あるタレントさんがSNSで「筋トレする男性はタイプではない」と発言して、筋トレ派の男性たちからバッシングを受けて謝罪させられたということもありましたが、これも同じことですね。

今のところ残念なことに世間でまま見られる光景ですが、これからの時代こういう感じのことはなくしていった方が生きることがよりラクになると思います。

 

どういうことかというと、誰かの発言を自分への否定のように受け取らない、ということです。

とはいっても、「受け取らないようにしましょう」と言うとなかなかやりにくいものですよね。

そこで出てくるのが「スルーする力」ということです。

たとえば私はラーメンが大好きですが、世間にはラーメンが嫌いと言う人もいます。実際、通っているジムのコーチがラーメン否定派でした。

 

 

こういうときに、先ほどのように、いちいち「自分が好きと言ってるものを嫌いと言いやがって」とか思っていると感情が乱れて疲れます。

スルーすることです。

「あ、この人はそうなんだな。終わり」話題を変える。

こうして文字にしてみれば分かりますが、たいていの場合、相手は「あなたのこと」をどうこう言ってるわけじゃないのです。

おそらくですが、怒ってしまう人は人一倍用心深いところがあるのでしょう。それはそれでステキなことだと思います。

 

参考記事:

 

ただ、少しだけ

「みんな同じ道を歩いているんだから、自分を刺しているわけじゃないんだ」

そんな気持ちを持ってみると、生きやすさが増すと思います。

 

*自宅に居たままで新しく満ち足りた人生を作れる「1つのきっかけ」について、無料のメール講座でお話ししています。ご興味のある方はこちらをクリックしてご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です