初心者は、1つの正しい道をいきなり求めない。

ウチでは、「中学英語を使える英語に変える方法」と
言う教材をかつて販売していた。

この日本という国で義務教育の一部で英語の基礎文法や
単語を教えてくれるのだから、それを活用しない手はない。
という趣旨だったのだけど、こんなお便りをいただいた。

「私は中学英語もダメで忘れてしまったのですが
 どうすればいいのでしょうか?正しいやり方を教えてください」

もし本当に、中学英語を全部忘れてしまったのなら、
一番良い方法は、その中学英語からやり直すことだ。
けどこれではちゃんと答えになっていないかもしれない。
この人は、「どうやって自分の中学英語をやり直せばいいか」
ということをたずねてきているに違いないからだ。

実は、ここに1つ大きな落とし穴がある。

こんな風に「中学英語をやり直す」というような基礎を再度
開始するという場合、「これが絶対正しい」というような絶対的な
1つの答えというのは存在しないのだ。

人はだれも、興味も関心も使える時間も条件も違う。
だから、ある人に上手く行ったものが他の人にそのままうまくいくわけじゃない。
Aさんが、英単語の復習からやってうまくいったけど、Bさんは、短文の英語表現を
覚えていくことで中学英語を克服で来た、という風にまったく違った事例として
あらわれてくる。

だから、プロや先生に対して、「唯一の方法」を求める代わりに、
アドバイスされた内容から思いつくことを、片っ端からどんどん自分自身で
試していくといい。それがいわば、正しい方法だといえるかもしれない。

私の場合、先達の英語学習法をいろいろチェックして、面白そうで
かつ自分の意見に合うものを取り入れていった。要するに、もし1つだけの
正解に近いものがあるとすれば、こんな風に多くの人の学習法を知っていく
ということではないかと思う。

分かりきった1つだけの答えなどない。
「だから英語はおもしろい」のだと思う。

追伸
もし、英語で成功した体験談が聞きたかったり、自分に合った方法が知りたいのなら、
『本日で受付が終了』になるこの方法がきっといいだろう。

【本日終了】英語個人コーチング その中身とは




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA