英語でこれ、どう言う?「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」【あっというま英語】

──────────────
◆あっというまに英語レッスン・・・(通称『あっというま英語』)平日日刊
──────────────

 

こんばんは、 お元気ですか?

今日も「あっというま英語」の時間がやってまいりました。日常のちょっとしたシーンで、読むだけですぐペラペラ話せてすぐに使えてしまう便利な英語フレーズ。「あっというま英語」を知るだけで、どんどん英語のストックが増えていきます。今日もしっかり、私と一緒に楽しんで学んでいきましょうね!
(by 三代目担当・Emi)

 

●今日の英語フレーズ(by Emi)

「(諺)聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」

・・・さあ、これを英語でなんて言うでしょう?

 

─────────────

☆代表・西沢知樹の公式Facebookページです。役立つ情報だけでなく、面白いヒントも詰まっています。
「いいね!」お待ちしております。

https://www.facebook.com/tnixizawa
 


 

【(諺)聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥】

= “Better to ask the way than go astray.”

(Emiの解説)

英語のことわざです。直訳すると「道に迷うより、道を訊いた方がよい」ですが、「菊は一時の恥、聞かぬは一生の恥」という意味で使われます。go astrayは、「道に迷って」という意味です。

 
Emi   “Better to ask the way than go astray.”

 

あなたもいま、実際に口に出して復唱してみて下さい。

“Better to ask the way than go astray.”

 
今日は以上です!
おつかれさまでした♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です