海外で仕事をする際の基本エチケット

 

From:Nobuko

海外で経済的自立を目指す人の中にはバリバリ働いている人も多いと思います。働く自立した女性はモテる確率が高いです。

特にアメリカ人の男性はインディペンデントな女性が好きな人が多いですからね。

さて、今日は仕事の話です。

仕事でしょっちゅう海外に来る人はできているかもしれませんが、年に数回海外出張と言う人は意外と徹底できていないのが、取引先の国の日時を事前にチェックすると言う行為。

a0006_002881

時差に関してはほぼほぼ皆チェックできるんですが、日にちを意外と落としている人がいて、仕事ができるのにもったいないと感じるときがあります。

特に相手の国のホリディをチェックしないで出張に行く、または商談等を申し込もうとするビジネスマンがいます。

一番ひどい例だと、知らないで相手のホリディ中に面談を申し込もうとして、取引先の外国人に断られたなんてことも。

もちろん、相手は取引先だからプロフェッショナルに、

「すみません、その日はお休みしてるので別の日に・・・。」

なんて断られてるんですけど、裏では「嘘だろー!日本人は皆こうなのか?!」とか思われちゃってるかもしれません。

外国人にとってホリディって日本に比べるときっちり休んで家族と過ごしている人が多いので、そんな日に仕事で会社にでてくるって考えられない。まあ、営業とかの業種だと休日出勤する人もいるかもしれないけどね。でもその分ばっちり振り替え休日とか後で取ると思う。

出張、または日本で海外の相手先に商談、面談を申し込む前にちょちょっとPCで相手の国の休日をチェックするだけの事ですよ。5分もあればできます。

これ、外国人に対してやっちゃうのはやっぱり国際的ビジネスマンとして準備が足りないと思うけど、同じことを海外支社、支店の日本人にやっちゃったとしても良い印象にはなりません。 実はもっと印象が悪いかも。

日本にいたら、取引先に休日に商談をお願いすることなんてあまりないですよね。失礼だから。例えば、「中国支社の社長が日本のゴールデンウィークに来日するから、その間〇〇さんアテンドしてね。」って上司から言われたらどう思います?

それと同じことを海外に来てやろうとしている人が実際にいるんですねー。

海外支店、支社で働いている日本人スタッフ、現地採用の社員達は基本的に外国の人(アメリカだったらアメリカ人)と同じ感覚でいると思っていたほうがいいかもしれません。

日本人同士だからわかってくれる、許されるという感覚を日本人スタッフだからといって全員が理解できるとは限らないからです。

海外でビジネスする際は、やっぱり取引先、仕事でいく国のホリディは最低でも事前にチェックして、その日に仕事を入れないようにする。というのは基本エチケットです。

これがスマートに調整できるビジネスマンは外国人取引先にとっては普通のこととみなされ、海外にいる日本人社員達からは、できる日本人ビジネスマンとしてみられること請け合い。

折角英語を駆使して世界の大舞台で活躍しているのに、そういうことに目が向けられないというのはもったいないです。

そんなこといったって、仕事が忙しくて調整できないんです!っていう方もいらっしゃるかもしれませんが、もしそうだとしても、わかっていて海外の仕事相手に仕事を依頼する際に、「お休みなのにすみません。。。」って一言付け足すだけで、相手の印象は違ってきます。

日本にいると時差がないし、他の国のカレンダーなんて滅多に確認しないと思います。ただ、海外を舞台に活躍している人には、この時差や海外の休日等が大事になってきます。

海外で働きたいと思っている方は、恐らく携帯で世界の時間が見れるようにしている人も多いと思います。もし近々仕事で海外に行く予定のある人は、行く国のカレンダーを見る癖もつけてみてはいかがでしょうか。PCで検索すれば、出てくると思います。

舞台は世界!

国際美人としてこういうことにも気がつけるようにしたいですね。

Nobuko

☆ここもまた、国際美人的な英語が習得できる場所です。無料の情報なのでご覧ください。

 

スタッフNobuko(仮名)
ニューヨーク在住10年の英語プロスタッフ。ケイティクスで英単語のメールマガジン「ねいたん」を執筆するほか、国際美人プロデューサーとしても活躍。現地のカレッジをオール英語の授業を受けて卒業もしている

 




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA