スタッフIbuki」カテゴリーアーカイブ

【無料】マルチリンガルに目覚めた男

 

 

今日は、少し個人的な体験をお話します。

『マルチリンガルに目覚めた男』

僕が英語を勉強し始めたのは
大学4年の春、

就職を前にしたドロナワ的な頃。

自分を変えたいと思うときがあって、
英語を勉強しようと思いました。

でも、もともとは年に本を2冊くらいしか
読まない「勉強嫌い」

英語の学習書も最初の10ページくらいで
頭が痛くなるありさまだったので

最初は簡単そうな教材から始めました。

そのときはすべてが新鮮でした。

でも、しばらくすると、成果が出ないことに
そわそわし始めて、

毎月のように使う教材が変わりました。

親からは、

バカみたいに英語の教材ばかり買って!

と、何度も言われましたが、

このお金分はあとで
何倍にもなって返ってくる・・・

これからの人生で見返してやる・・・

と、思いながら
なけなしの金をすべて

英語教材(ネットオークションも使って)に
つぎ込んでいました。

「ちょっと難しい英語になると全然分からない」

しかし、親の「バカみたいに」という言葉には
どこか言い返せない節がありました。

というのも、

僕は簡単な英語なら少し話せるようになりましたが、

ちょっと難しい英語になると
全く歯が立たなかったからです。

実際私がネットオークションで買ってたのも

小学生レベルのような
会話表現を勉強するものばかり。

いつしかこれは私のコンプレックスになって、

会社員になってからも
英語のことは周りには隠していました。

『マルチリンガルとの出会い』

そんなときに出会ったのが坪田先生です。

最初は、

マルチリンガル?いや、ウソでしょ・・・

と、僕も御多分に漏れず思っていました。

でも、

安倍総理の通訳もつとめた
坪田先生のマルチリンガルメソッドは、

僕の英語も変えてくれました。

難しい英語になると
ちんぷんかんぷんになるイライラとか、

「小学生レベルの英語」

というコンプレックスも解消してくれました。

もちろんかなり難しい英語でも、
楽しく読み書きできるようになりました。

『マルチリンガルで人生は変わる』

もしあなたが、坪田先生のこのメソッドを
まだ知らないなら、ぜひ1度試してみて下さい。

このメールのリンク経由なら、無料でもらうことができます。

http://eigofun.net/t/09f95

きっとあなたの人生も、
大きく変えるはずです。

では今日も良い1日を。

PS
5/16まで無料のマルチリンガルリリースキャンペーンを
やっています。

英語に興味がある、
けど英語が苦手

そんなあなたに、ぜひ手に取っていただきたいです。

【英語、スペイン語、イタリア語も使える?】
マルチリンガルEnglishとは!?
http://eigofun.net/t/09f95




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

アメリカ英語?それともイギリス英語?

 

From:Ibuki

こんにちは、スタッフのIbuki です。

皆さんは今自分が勉強している英語がアメリカンなのか、ブリティッシュなのか、意識した事はありますか?あるいは目標を持って、どちらかを極めようと勉強したことはありますか?

日本で英語を勉強している方であれば、今学習している英語はアメリカンである可能性が高いですね。というのも日本社会そのものがアメリカの影響を大きく受けているので学校で習う英語や教材などもアメリカ英語の事が多いと思います。

私はオーストラリアに住んでいたので、オーストラリア英語の影響が強いですが、アメリカンかブリティッシュかと言われたら、オーストラリア英語の基本はブリティッシュなので、やはり私の基本の英語はブリティッシュ英語です。

しかし、現在自分が仕事で使っている英語はアメリカンです。今は勉強もできるだけアメリカ英語の教材を選んで使っています。

アメリカンとブリティッシュ、違いは結構あります。発音はもちろんのこと、単語の綴りや表現など違う事が多いですね。

一度ブリティッシュで学んだ英語をアメリカ英語に変えるのは多小きついですが、仕事上、仕方がありません。最初からアメリカンで英語を学んでおけば良かったと思いますが、当時はそこまで考えが及ばなかったので仕方がありません。あきらめて勉強し直しております。

ではなぜアメリカ英語?それは事実として世界のマーケットの中心がアメリカだからです。もちろん、業界によって様々だとは思いますが、今私のいる業界では、アメリカ英語を使うのがスタンダードとされています。

皆さんも、現在英語を学習されていて将来どの分野で英語を使って働きたいのか明確でしたら、その業界がどの英語を使っているのか事前に調べた方が無難かもしれません。とくに翻訳など言葉のプロとして、「英語を商品として扱う」仕事を目指している方はこれは特に重要です!

Ibuki

☆英語教材を買っても、覚えられなければ意味がありません。年齢と共に記憶力に自信がない人は、ぜひこれを使ってください。

 

スタッフIbuki
電子部品関係の専門英語翻訳者で、過去にはTOEIC400点でオーストラリアに移住してそのままMBAを取得した、子育てと英語活動を両立させるスーパー英語主婦。論文関係では、オーストラリアの大学でもA(優)を何度も取得してきた。政治家秘書の経験もあり、専門知識の幅広さに定評がある。

 




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。