スタッフIbuki」カテゴリーアーカイブ

英語力を「下げてしまった」実話とは!?

 

From:Ibuki

こんにちは、スタッフのIbukiです。

皆さんの中ではきっと英語力を上げる方法には興味津々な方が多いと思いますが、今回はあえて、「英語力を下げる方法」についてお話したいと思います。

ちなみにこれはすべて、私自身の経験に基づいたお話です。

私は今までの人生の中である一定の期間、ほとんど英語に身を捧げたといっていいほど英語の勉強に費やした時期がありました。その期間は約3年くらいだったと思います。ちなみに勉強を始めた当初はTOEIC400点くらいでした。元の英語力が高くなかったこともあり、勉強をし始めて最初の一年間はわりと面白いくらいに英語力がぐんぐん上がっていきました。しかし、ある一定まで上がるとなかなか伸び悩む時期があり、私の場合はだいたいTOEIC750点くらいで成長がストップしてしまいました。

ある一定のレベルまでいくと、今までとは同じ勉強では効果がなくなり、ひとつ上のステップに進まないといけません。勉強方法の段階的な変え方については別の機会に譲るとして、その後私は最終的には900点前後までは伸びたのですが、本題はここからです。

せっかくそこまで上げた英語能力をたったの数年でTOEIC700点以下に下げてしまったのです。いったいどういう事なのか、答えは簡単です。

342693

ある一定の期間、英語からすっかり離れた、まったく英語に触れもしなかったという事です。その間3~4年間くらいでしょうか。正直なところを言いますと・・・あれだけ勉強をしたのだからもう勉強しなくても大丈夫、とたかをくくっていたのです。

その日、数年ぶりに受けたTOEICでの疲労感はたとえようのないものでした。当然ですよね。英語から全く離れきっていたのに、突然、あの量の英語を短時間でこなさないといけないんですから。そしてそれと同時に、培ってきた英語力がいかに簡単に崩れるかという事を痛感しました。

どんなに高い英語力を持っていたとしても、それをキープするための気持ちと行動が無ければ、一気に能力は削られます。しかも、そこからまた元の高い英語力に戻すのも一苦労です。これは私が身をもって経験したことです。

だから、今勉強している皆さん、時々休んだっていいんです。でも、今もっている英語力を下げないようにするためにも、勉強をすることを止めるだけはしないほうがいいと思います。経験者からの1つの教訓だと思って頭の隅に置いていていただければと思います。

Ibuki

☆TOEICスコアを絶対に上げなければいけない人へ。少し高いですが、ここが一番効果があります(確認済)

 

スタッフIbuki
電子部品関係の専門英語翻訳者で、過去にはTOEIC400点でオーストラリアに移住してそのままMBAを取得した、子育てと英語活動を両立させるスーパー英語主婦。論文関係では、オーストラリアの大学でもA(優)を何度も取得してきた。政治家秘書の経験もあり、専門知識の幅広さに定評がある。

 




☆1日3名限定。英語が口から出てくる「スイッチ」が身に着く

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

日本人が間違えやすい英語のポイントとは?(実体験)

 

From:Ibuki

こんにちは、スタッフのIbukiです。

今回は英語初心者だった私が最初に始めた英語学習法である、「英語で日記をつける」から、私がよくネイティブに指摘された英語表現のポイントについてお話致します。

日記を付け始めて最初の頃の英文の間違いの中で特に多かったのが、「a」、「an」、「~s」、「the」が抜けているということでした。

日本語にはそういう表現は特にないですものね。あってもなくてもあまり問題ないんじゃない?と思われがちですし、実際それらが抜けていても、ある程度は通じることは通じるんですが…。

ただ、冠詞類をきちんと使いこなせているのと、使いこなせてないとではプロフェッショナル度が全く違うんです。

574427

言ってしまえば「響き」の問題もあるのですが、例えば会話の中でも、「a」、「an」、「~s」、「the」がきちんと使えてないと、unnaturalに聞こえてしまいます。それらが抜けているだけでちょっと格下の英語に聞こえてしまうというか…。それに使う冠詞を間違えると意味も大きく異なるときもあるので注意が必要です。

慣れるまで少し時間はかかるけど、できるだけ忘れないように、間違わないように冠詞類はつけていきたいですね!

簡単にまとめてみると…

基本的には、記事や会話の中で始めて言及する名詞には「a」か「an」、もしくは「~s」を付ける。そのトピックの中で再度その名詞について言及する場合は「the」を付ける。

でも、この冠詞、なかなか手ごわくていろいろと例外もあるんですよね…

皆さんもこれを機会にちょっと気にして確認してみるといいかもしれません。

たかが冠詞、されど冠詞。
これ、わりと奥が深いです。

日本語にないものだからこそ、しっかり勉強していきたいですね!

Ibuki

☆あなたは、自分を英語初心者だと思いますか?もし思うなら今すぐここを見て下さい!

 

スタッフIbuki
電子部品関係の専門英語翻訳者で、過去にはTOEIC400点でオーストラリアに移住してそのままMBAを取得した、子育てと英語活動を両立させるスーパー英語主婦。論文関係では、オーストラリアの大学でもA(優)を何度も取得してきた。政治家秘書の経験もあり、専門知識の幅広さに定評がある。

 




☆1日3名限定。英語が口から出てくる「スイッチ」が身に着く

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。