自己啓発」カテゴリーアーカイブ

めっちゃ給料が安いのは…?

起業ネタがウケがよかったのでその関係のお話をまたちょこっと書きます。たいてい、15~20年程前の第一次ネット起業ブーム?でビジネスをはじめた仲間に聞くと、最初は「小遣いが欲しかった」という動機だった人が結構多いです。私もまた、そうでした。父親の強い勧めで製造業の会社に就職していたもののご存じの通りメーカーというのは給与水準が低い。「こんな給料では将来どうなるかわかったもんじゃない」というのが最初の動機でした。給料が安い、というと悪いことばかりのように思えますし、私も当時そのまっただ中にいたときはそう思っていました。

一方で、ビジネスをスタートした頃、仲間の1人にスゴい人がいました。私より少し年上で、その時点ですでにとあるベンチャー企業の役員をしている人で、同じ関西と言うことで気があってよく話をしました。とても頭がよくアメリカの大学を卒業して英語にも堪能で、仲間内でも、彼がいちばん初めに上に躍り出るだろうとみんな思っていました。ところが、ある時を境に彼は急にビジネス活動をストップして心のバランスを崩してしまいました。

なぜかというと、起業する際に決められていた「条件」になかなか全然届かないので焦りやその他でバランスを崩してしまったようなのです。彼は結婚していたのですが、起業する際に奥さんから提示された条件が「辞める前の給料の額を上回ること」、そして、ベンチャーで役員をしていた彼は百数十万の月給をもらっていました。当然ハードルは高くなります。それが結果的に大きなプレッシャーになってしまったのかもしれません。

一方で、私の場合、非常に安い給料(笑)のため、その金額を超えることは彼に比べれば全然たやすいことだったのは言うまでもありません。まずはサラリーマン時代のレベルを越える、というのは確かに1つの通過点だと言えますが、そういう意味で私にはプレッシャーが低かった。言うなれば、給料が安かったことに今から思えば感謝すべきなのかもしれません。

実際、働いていて「自分の給料は満足だ」と思っている人などいないと思います。たいていは、自分の給料というものを安いと感じている人がほとんどでしょう。しかし、ひょっとしたらその安い給料は、何か新しいチャンスがめぐってきたときに、それに向かっていくパワーを増してくれる踏み台になってくれるかもしれないのです。お金以外の環境についても、またしかり。一見悪く見えることが、ステップアップさせてくれるキーなのだと思えば、何か良いことが起きるかもしれません。

西沢知樹

☆この人の過去の暗黒時代はこんな風でした・・・

思わず見入ってしまう英語のどん底物語




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

優秀な英語の教え手とは?

以前に、英語に私が最初に関心を持ったのは小さい頃の絵本だったというお話をしましたが、もちろんそれ以降の人生でも節目というか、続けて関心を持ち続ける機会となる出来事は他にもありました。

高校1年の頃の話です。他の場所でも話したことがありますが私は中学をビリから4番目で卒業したもので(笑)なんとかお情けで高校に入れてもらいました。当然高校では新しい先生と会うわけですが、このときに、私のクラスの英語の担当になったのがK先生という若手の先生でした。若手といっても別段熱血青春教師というわけでもなく、学校で教えているのはあくまで自分の職業であると割り切っているような感じの、あっさりした雰囲気の先生でした。ただ、この先生がやった「あること」が私の英語への関心を深くつなぎ止めてくれたのです。

4月のいちばん初め、1回目の授業のときのこと、K先生はデカいラジカセを持って入ってきました。何やろ、リスニングでもやるんかな、と思って見ていたら、話し始めました。僕が君らくらいのころに、ラジオを聴いていたら1つの曲が流れてきた。それがとても美しいメロディの英語の歌で、自分が英語に興味を持つきっかけの1つになった。その歌を、今日、君らにも聴いてもらいたい。そう言って、歌詞を書いたプリントを配り始めました。

そこにかかれていたのは「Yesterday Once More」、そう、カーペンターズのあの名曲「イエスタデイワンスモア」でした。歌詞のプリントを配り終えると先生は簡単に詞の意味を説明し、そしてラジカセのボタンを押しました。

確かに、キレイなメロディやな・・・私がリアルタイムで高校生だった時代には無いような、ゆったりとした、古き良き優しさを感じさせるメロディ。ゆっくりとした歌い方で、意味が分からなくとも英語が綺麗に耳に入ってくる気がしました。かけ終わった後で、先生がみんなに尋ねました。「どうやった?」高校1年生の男子というのは素直に感情を出さない年頃です(私がいたのは男子校でした)。なので、誰も何も言わず、教室はシーンとしたまんまでした。でもおそらく、私を含む何人かは「いい歌やなぁ」と思っていたに違いありません。しかし表向きはシーンとした様子のクラスを前に、K先生は苦笑して「残念やな」と言い、そのまま普通に授業が始まりました。そしてその後に、授業でカーペンターズの歌の話が出てくることはありませんでした。

もともと古めかしい音楽が好きな私は、このカーペンターズをきっかけに古いゆったりした洋楽をいろいろと聞き始め、英語の歌詞をうまく歌えるようマネをし始めました。英語の成績もガンガンあがっていきました。大学に入り、実用英語の勉強を本格的に始めたときにも古い洋楽を取り入れて歌詞を覚えていきました。また、いまの自分の教材でも、洋楽を歌うことを内容として組み込んでいたりします。

そんな事実をいまこうして振り返ってみると、やはりK先生に感謝しなければと思わされます。そしてK先生が決して熱血教師でなかったことを考えると、本当によい先生というのは、教え方が熱心とか教えるのが上手いとかいうものではないのかも、と考えていたりしました。人に何かを教える技術そのものに大きく差を付けることは難しいもの。教える技術ではなく、「相手にきっかけを与える」ことができる教え手が、優れた教え手なのかもしれません。自分自身も、このことを踏まえて情報を発信していきたいと思います。

西沢知樹

☆ここにいる人は、あなたの英会話にきっかけを与えてくれるでしょうか・・・

学校ではないけれど、大人の英語にきっかけをくれるかもしれません

 




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。