自己啓発」カテゴリーアーカイブ

「レガシーツール」を知る強さ

 

おはようございます。

夜の無料オンライン面談が1つ終わった後でこの文章を書いています。

ここ数週間、ビジネスのことばかり考えることが多かったので、少しマニアックな本を読んでいました。「英語と日本軍」という本です。

 

ご存知の方も多いと思いますが先の戦争で英語は「敵国語」として排斥されました。しかし、戦争のための作戦・情報収集等のために相手国の言語を知ることは不可欠でもあります。

 

そのあたりの真相はどうなっていたのか?

 

・・・ということを史料をもとに研究した本で、とても読み応えがありました。

英語に詳しい将校が組織の中で冷遇されていた事情や、対戦国が多すぎて語学的なカバーがほぼ間に合わず終戦を迎え、そしてそのことが終戦後の社会や英語教育にもどう影響を及ぼしたのか、など。

 

内容的に私の仕事にも関わるものですし、なにより私は戦史マニアなので興味深く一気に読めました。

なにしろ私の父親は現在86歳で実際に先の戦争での空襲などを実体験しているため、小さい頃から話を山ほど聴いてきたためです。

 

組織の中で、判断をいとも簡単に誤りそうになる日本人の特質も見える気がして、
読み物としての面白さもさることながら、同時に感じたのは

「英語上達法の根幹は今も昔も変わらない」
「むしろ昔の情報や歴史を知ることの方が役立つ」

ということです。

 

先日勉強していた別のビジネスセミナーで講師の方が「レガシーツール」という言葉を多用していました。

 

新しいものを追うのではなく、定着した古いと一見思える方法(legacy)を追求することで抜きんでることができる。

 

これはまさに、英語においても同じです。

 

最近はAI(人工知能)について語られることが多いですが、たとえば将棋などを見ても分かる通り、歴史上に残る過去の棋譜のデータをインプットすることでAIがあれほど強くなった、という事実が証明しています。

 

どんどんテクノロジーが進化する中ですから、ついつい新しい物の中から魔法を探そうと私達はしてしまいがち、です。

しかしそうではなく、レガシーの中にこそ、答えとなるヒントが散りばめられているということを改めて知っておく意義がありそうです。

 

このときの時代に、何か気づきが埋まっていないか?

この時代の人に、ヒントになる生き方があるか?

 

そんな風にアンテナを、立てていくことです。

 

あなたには最近何か気づかされるような本や情報がありましたか?
もしあれば、ぜひこのメールの返信か、こちらのフォームからシェアして下さい。

https://catiksp.net/archives/2102
(件名は「レガシーツール」で)

 

では、またメールします。
最後まで読んでくれてありがとうございました。
今日も良い1日になりますよう。

西沢知樹

 

☆明日まで限定:この「雪が溶けて雪崩になるような」英語ノウハウを入手された方に、10800円分の弊社英語教材を無料でプレゼントします。 

 


☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

誰も言わなかった「3日坊主」の真の原因。

 
よろしければ、最初にこちらのボタンをそれぞれ1回ずつだけクリックして下さい。(クリックするだけでいいです。クリックして、何か義務とか入会が発生することも一切ありません)

↓↓↓
 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語
 

From:小池真由美

過去に「3日坊主」のお話をしました。

この、3日目から後、続けられない理由って いったいなんなのでしょう?

わたしも、自分自身と照らし合わせて考えてみました。

「3日取り組んだけど、難しくって。」
「3日取り組んだけど、どうしてもできなくって。」

ということは、実はほとんど、ないように思います。

 

続けられない理由、 『ザ・3日目の敵』 は、実は

 飽き 

です。

 

3日すると、たいていのことは、
簡単にできてしまうようになるので「飽きてしまう」んです(;°皿°)

飽きてしまう上、侮(あなど)るようになります。1日目は3時間かかっていたことを、しばらくして、1時間でできるようになると、そのままほっておいてしばらくたった後でさえ、いつも1時間でできる、と勘違いもします。

 

しかし、残念ながら、そうはならないですね ・・・

元通りになってしまいます。

元通りにならないためには、1時間でできるようになってからもしばらく、1時間の作業を続ける必要があります。

 

目安としては、習慣化するのに、

21日間の継続

が必要、という説もあります

・・・なので、大人のやり方としては、3日で飽きることは、能力があるから当たり前なんだ、として、いかに飽きないかを計画しておく、というのも1つの工夫ですね。

英語の場合は、いかに単語をたくさん覚えるかというのが中級以降 とても大切になってきますので、このあたりの工夫は、また改めて1つの記事にして書いていきたいと思います。

 

何かを達成したことのある人は 口をそろえてこう言います。

『 誰でもできることを、誰でもできないくらいやる 』

のだと。

先日、福岡でお話を伺った方も、同じことをおっしゃっていました。まさに、継続は力 なのだなぁ、と感じました。

 

でも・・・ ここまで書いておいてなんなんだ、と言われそうですが、

わたしは、やっぱり

 

ガツガツ3日 1日休み 2日そこそこ

 

ってな感じで、マイペース で行きま~す。  (*^o^*)

 

一番大事なのは、自分がどんなときに飽きるのか、何にだったらやる気がでるのか、そういった自分の特徴を上手に組み合わせることだと思っているからです。

 

これは、もう、経験からです。

よ~い、どん! とスタートしたとき、いつも私はビリです。
どうしようもなく下手くそで要領悪いです。

期間が3年だったとしたら、2年までビリです。
でも、なぜか3年にはレギュラークラスなんです。

 

そういう自分を知っているからなんです。

 

残念ながら、早く何かを覚えられない 体でゆっくり覚える 『わたし』 なんですね。

さ~て。

 

あなたは『飽き』という敵と、どう仲良くなりますか?

声に出して言ってみてくださいね。

 

I give up easily.    わたしはすぐあきらめる

 

小池真由美

 

☆英単語が覚えられなくて困っているあなたへ。これは「1つの新しい方法」です。

 

小池真由美
有限会社エスパリエ代表取締役。「英語特訓塾」「小池塾」塾長。会議通訳者。東京大学先端科学技術研究センター特任研究員(英語)、国立情報学研究所(NII)研究員(英語・情報基盤)、特許庁英語特許審査調査員(国際・新技術担当)等のキャリアを通して専門的な英語の経験を積み、現在にいたる。英語関係のロングセラー著書数冊有り。

この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。



☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。