英語・学習関係(西沢知樹)」カテゴリーアーカイブ

優秀な英語の教え手とは?

以前に、英語に私が最初に関心を持ったのは小さい頃の絵本だったというお話をしましたが、もちろんそれ以降の人生でも節目というか、続けて関心を持ち続ける機会となる出来事は他にもありました。

高校1年の頃の話です。他の場所でも話したことがありますが私は中学をビリから4番目で卒業したもので(笑)なんとかお情けで高校に入れてもらいました。当然高校では新しい先生と会うわけですが、このときに、私のクラスの英語の担当になったのがK先生という若手の先生でした。若手といっても別段熱血青春教師というわけでもなく、学校で教えているのはあくまで自分の職業であると割り切っているような感じの、あっさりした雰囲気の先生でした。ただ、この先生がやった「あること」が私の英語への関心を深くつなぎ止めてくれたのです。

4月のいちばん初め、1回目の授業のときのこと、K先生はデカいラジカセを持って入ってきました。何やろ、リスニングでもやるんかな、と思って見ていたら、話し始めました。僕が君らくらいのころに、ラジオを聴いていたら1つの曲が流れてきた。それがとても美しいメロディの英語の歌で、自分が英語に興味を持つきっかけの1つになった。その歌を、今日、君らにも聴いてもらいたい。そう言って、歌詞を書いたプリントを配り始めました。

そこにかかれていたのは「Yesterday Once More」、そう、カーペンターズのあの名曲「イエスタデイワンスモア」でした。歌詞のプリントを配り終えると先生は簡単に詞の意味を説明し、そしてラジカセのボタンを押しました。

確かに、キレイなメロディやな・・・私がリアルタイムで高校生だった時代には無いような、ゆったりとした、古き良き優しさを感じさせるメロディ。ゆっくりとした歌い方で、意味が分からなくとも英語が綺麗に耳に入ってくる気がしました。かけ終わった後で、先生がみんなに尋ねました。「どうやった?」高校1年生の男子というのは素直に感情を出さない年頃です(私がいたのは男子校でした)。なので、誰も何も言わず、教室はシーンとしたまんまでした。でもおそらく、私を含む何人かは「いい歌やなぁ」と思っていたに違いありません。しかし表向きはシーンとした様子のクラスを前に、K先生は苦笑して「残念やな」と言い、そのまま普通に授業が始まりました。そしてその後に、授業でカーペンターズの歌の話が出てくることはありませんでした。

もともと古めかしい音楽が好きな私は、このカーペンターズをきっかけに古いゆったりした洋楽をいろいろと聞き始め、英語の歌詞をうまく歌えるようマネをし始めました。英語の成績もガンガンあがっていきました。大学に入り、実用英語の勉強を本格的に始めたときにも古い洋楽を取り入れて歌詞を覚えていきました。また、いまの自分の教材でも、洋楽を歌うことを内容として組み込んでいたりします。

そんな事実をいまこうして振り返ってみると、やはりK先生に感謝しなければと思わされます。そしてK先生が決して熱血教師でなかったことを考えると、本当によい先生というのは、教え方が熱心とか教えるのが上手いとかいうものではないのかも、と考えていたりしました。人に何かを教える技術そのものに大きく差を付けることは難しいもの。教える技術ではなく、「相手にきっかけを与える」ことができる教え手が、優れた教え手なのかもしれません。自分自身も、このことを踏まえて情報を発信していきたいと思います。

西沢知樹

☆ここにいる人は、あなたの英会話にきっかけを与えてくれるでしょうか・・・

学校ではないけれど、大人の英語にきっかけをくれるかもしれません

 




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。

現実世界の英語に触れる。

年明けから、けっこうたくさんの英語の動画や音声を見聞きしていました。私の好きな成功哲学系の著者さんのユーチューブとか、以前に購入していたオーディオブックなどです。

こちらの動画、「ザ・シークレット」で有名になったJoe Vitale氏ですが私の好きな著者の1人です。短い動画なのでぜひ見てみてください。

 

 

かねてからよくお伝えしていることですが、こういう「現実世界の英語」にたくさん触れることが上達には何よりの近道です。日本で英語学習をしていると「英語学習用の動画、音声」という枠組みから離れられない人がとても多く、これでは上達は遅れます(英語の先生ですらこういう「英語教材の世界」にだけこもっている人が結構いて驚かされますが…)

これはいわば、室内で床の上でいくら水泳のフォームを練習しようとも、実際に水の中に入って泳いでみなければ泳ぎが上達しないのと、同じことです。

どんどん、外の広い世界に泳ぎに出ましょう。そしてそこで出会う英語の世界が楽しくなってくれば、あなたはもう次のステージに、上がっているということです。

 




☆1日3名限定。厳しいけど本当に英語が身に着く「スパルタ英語上達術」

無料メール講座のページはこちらです。







☆ブログランキング、それぞれ1日1回の応援クリックをぜひお願いします

 にほんブログ村 英語ブログへにほんブログ村 英語


    この記事を読んだ他の人は、こんな記事も読んでいます。