タイムマシーンに助けてもらう方法

最近、動画配信サービスでたまたま「機動戦士ガンダム」を視聴できることを知り、見始めました。初代のガンダムです。

 

当時リアルタイムでは私は小学校低学年でした。

今回数十年ぶりに観たのですが、これがとても面白い。戦争というもののリアリティや、アムロをはじめとする登場人物の葛藤や勇気、それぞれの人間関係、「これが子供向けアニメとして放映されていたのか!」というほどの深い中身で引き込まれました。

 

 

当時は小学生なわけですから、中身に込められたテーマ等深いものは理解できるわけがありません。ただ、ロボット(モビルスーツ)がカッコいいなと思っておもちゃ屋さんにガンプラ(ガンダムシリーズのプラモデル)を買いに日々走っていただけでした。

当時もいまも、見たのは同じガンダムです。けれど、受け取れるものが全然違う。

こういうことはいろんな場面で起こります。つまり同じコンテンツであっても、自分の時間や状態、ステージが変わることで受け取り方が全然違ってくるということ。

なので、もし何かに行き詰まったり、アイデアが出ないといったようなときには、「自分が過去に触れたことのあるコンテンツ」にもう一度触れてみる、というのが解決策になりえます。

 

別にアニメでなくても構いません。小説でも映画でも、ビジネス書でもいいでしょう。過去の自分の日記とか、メモ書きでもいいかもしれません。

大切なのは、そのコンテンツと「新しい出会い」を果たすことなのです。

 

 

それがあたかも、タイムマシーンに乗ったかのように、時間を超えてあなたを助けてくれます。

 

参考記事:

 

大切なのは決して現在の時間だけではありません。

あなたがこれまでに積み上げてきた、何の気ない過去の時間もまた、あなたのことを助けてくれる強い味方であることを、知っておくといいでしょう。