英語でこれ、どう言う?「誤解しないで」【あっというま英語】

──────────────
◆あっというまに英語レッスン・・・(通称『あっというま英語』)平日日刊
──────────────

 

こんばんは、 お元気ですか?

今日も「あっというま英語」の時間がやってまいりました。日常のちょっとしたシーンで、読むだけですぐペラペラ話せてすぐに使えてしまう便利な英語フレーズ。「あっというま英語」を知るだけで、どんどん英語のストックが増えていきます。今日もしっかり、私と一緒に楽しんで学んでいきましょうね!
(by 三代目担当・Emi)

 

●今日の英語フレーズ(by Emi)

「あなたのプレゼン最高だったよ、でも正直なところを言うと、最後の部分がはっきりしてなかったように思う。誤解しないで、全体的にはすごく良かったよ。」

・・・さあ、これを英語でなんて言うでしょう?

 

─────────────

☆代表・西沢知樹の公式Facebookページです。役立つ情報だけでなく、面白いヒントも詰まっています。
「いいね!」お待ちしております。

https://www.facebook.com/tnixizawa
 


 

【あなたのプレゼン最高だったよ、でも正直なところを言うと、最後の部分がはっきりしてなかったように思う。誤解しないで、全体的にはすごく良かったよ。】

= “Your presentation was great, but to be honest, I thought the last part was a little unclear. Don’t get me wrong. It was well done overall.

(Emiの解説)

Don’t get me wrongは「誤解しないでください」や、「そういう意味で言ったのではありません」といった意味で使います。英語圏では思ったことをハッキリ言う人が比較的多いため、Don’t get me wrong は批判的な意見のフォローに使われます。

 
Emi   “Your presentation was great, but to be honest, I thought the last part was a little unclear. Don’t get me wrong. It was well done overall.”

 

あなたもいま、実際に口に出して復唱してみて下さい。

“Your presentation was great, but to be honest, I thought the last part was a little unclear. Don’t get me wrong. It was well done overall.”

 
今日は以上です!
おつかれさまでした♪